野澤組最新情報ブログ

[世界の生乳生産量の推移] 2021年5月

2021年5月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2021年5月11日

Q:チーズの健康効果について教えてください(2)

ラジオネーム"美BODYを手に入れたいさん"さんからのお便りです。

「DJゴーダさん、こんばんは。チーズが健康にいいと漠然とは知っているのですが、具体的にどう健康にいいのか教えてください」

さて前回のつづきですが、チーズは牛乳に含まれる豊富な栄養素を凝縮させた食品で、成長に欠かせない「カルシウム」、筋肉を作る「たんぱく質」、栄養素の代謝に必要な「ビタミンB2」など、身体に必要な栄養素がたっぷりと含まれているという内容でした。皆さん、覚えていましたか?
私は前回の放送後、早速ゴーダチーズを買って帰り、チーズトーストにして食べてみました! こんなに美味しいのに栄養も豊富に摂取できるなんて、ミルクを出してくれる牛さんに感謝して食べないといけませんね!
ということで、前回に引き続き今回もチーズの健康効果についてお話していきましょう!

チーズの健康効果

チーズには原料乳や製造方法によって様々な種類があることはチーズラヴァーの皆さんならご存知ですよね? 実は原料乳や製造方法が違うと、チーズに含まれる栄養成分も変わってくるんです。何を言いたいかというと、チーズの種類によって栄養成分が違うので得られる健康効果もちょっと変わってくるということなんですね。
ですので、今回はチーズを食べることによって得られる健康効果と共におすすめのチーズも紹介していきたいと思います!

HealthyCheese2_1.jpg

①骨粗しょう症・肥満・虫歯予防 × チーズ
チーズに含まれる豊富なカルシウムには、骨粗しょう症・肥満・虫歯予防の効果が期待されています。うーん、どれも予防していきたい症状ですよね!
まずは骨粗しょう症について。骨に含まれるカルシウムが減り、骨が弱くなってしまう病気を骨粗しょう症と言いますね。成長の止まった成人以降では骨の量が増えることはありませんので、成長期にできるだけ骨量を増やしておくことが大切です。成人以降もしっかりとカルシウムを摂取し、骨量を維持することで骨粗しょう症を予防することができます。
続いて肥満について。カルシウムには、脂肪の吸収を抑える働きとエネルギー消費を促進する働きがあります。どちらも肥満に効果がある働きですね!
また乳製品はカルシウム吸収率がとても高いので、肥満予防にはより効果的だと言われています。
そして虫歯予防について。虫歯になるメカニズムは、虫歯菌が歯の表面を守っているエナメル質を溶かして穴をあけることで虫歯になります。このエナメル質の構成成分をチーズに含まれるリン酸カルシウムが供給するので虫歯予防に繋がるということなんですね。
いやー、この説明だけでもチーズが優秀な食品であることがわかります。積極的にカルシウムを摂取したい方には、熟成されたハード・セミハードチーズをオススメします。特にパルミジャーノ・レッジャーノ等のハードチーズにはカルシウムが豊富に含まれています。でも脂肪分や塩分もやや高い傾向にあるので、気になる方は低脂質でカルシウムが摂れるリコッタチーズもいいですね。

②高血圧予防 × ブルーチーズ
ブルーチーズに豊富に含まれるラクトトリペプチド。なかなか聞きなれない名前ですが、チーズに含まれるたんぱく質が熟成中に分解されて生成されるペプチド(アミノ酸が2~10個繋がったもの)の1つがラクトトリペプチドです。特に血圧上昇抑制効果があるとされていますので、血圧が気になる方にぜひ食べていただきたいチーズですね!
ところで一昨年くらいにブルーチーズの高血圧予防効果がテレビで紹介されたことがあったのですが、すごく大きな反響がありました。私も健康効果にあやかろうとブルーチーズを買いに行こうと思ったら、既に売れきれの状態が何回かありました。やっぱり皆さん考えることは同じですね...。
はじめはとっつきにくいブルーチーズですが、初めてブルーに挑戦するならゴルゴンゾーラドルチェをオススメします。青カビの風味もマイルドですので、蜂蜜をかけてデザートとして食べてみてください!

HealthyCheese2_2.jpg
③アルツハイマー認知症予防 × 白カビチーズ
アルツハイマー認知症とは脳にアミロイドβというたんぱく質が溜まることが原因で、脳の変性や萎縮が起こる疾病です。発酵した白カビチーズには原因物質であるアミロイドβを減少させ、脳の神経細胞の成長や新生を促す作用がある海馬のBDNF (神経細胞の発生や成長等を促進させる脳由来の神経栄養因子)を増加させることで認知症予防に繋がる可能性があることがわかりました。
手軽に購入できる白カビチーズといえばカマンベールですが、今回はブリーをご紹介しましょう。ブリーはチーズの王様として全世界で親しまれているフランスチーズで、日本のスーパーではカットしたものが販売されていることが多いです。実はカマンベールよりも歴史が古いのですが、やわらかい食感でやさしい味わいなので年代問わず食べやすいチーズです。
私もブリーは大好きなチーズの1つで、バゲットの上にのせてよく食べています。
HealthyCheese2_3.jpg

さて健康効果について熱く語っていたら、そろそろお別れのお時間が迫ってきてしまいました。
ほんの一部の健康効果のご紹介でしたが、チーズは優秀な食品であることをわかって頂けたでしょうか? 今回ご紹介した健康効果以外にも、チーズには糖尿病予防・腸内環境の整備・肝臓病予防など... まだまだ沢山の効果が期待されています!
無限の可能性を秘めている...それがチーズなのです!!!! 熱くなってしまいましたが、今回お話した中で気になる健康効果があったら是非毎日の食事にチーズを取り入れてみてください。
それではまた次回お会いしましょう。See you again!!

2021年5月11日

[世界の生乳生産量の推移] 2021年4月

2021年4月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2021年4月13日

Q:チーズの健康効果について教えてください(1)

ラジオネーム"美BODYを手に入れたいさん"さんからのお便りです。

「DJゴーダさん、こんばんは。チーズが健康にいいと漠然とは知っているのですが、具体的にどう健康にいいのか教えてください」

今回のお便りは「チーズの健康効果」についてですね。
新型コロナウイルスに負けない免疫力をつけたい方や在宅勤務が増えたことで太ってしまった方...健康を意識する事情は人それぞれだと思いますが、知識がないと何を食べたらいいかもわからないですよね。
私も最近パーソナルジムに通い始めたんですけど、トレーナーさんに筋肉増強のため「タンパク質」を積極的に摂ってほしいと言われました。恥ずかしながらとりあえず野菜を食べていれば大丈夫と思っていたので、あまり栄養素に気を向けてこなかったです。
話が脱線してしまいましたが、タンパク質を多く含む食材といえば赤みの多い肉や青魚が代表的です。でもチーズだってカルシウムやタンパク質をはじめとする栄養素を多く含む優秀な食材なんですよ!
チーズは美味しいんだからそれだけでいいって思うチーズラヴァーの方もいるかもしれませんが、チーズの良さをさらに知るということで今回はチーズの健康効果についてお話しましょう!

HealthyCheese

牛乳の栄養素とチーズの関係

その前に、まずはチーズの原料となる牛乳についてお話します。
牛乳の栄養素といえば皆さんは何が思い浮かびますか? おそらく「カルシウム」ではないでしょうか?
カルシウムは人間の骨や歯をつくる栄養素で私たちには必要不可欠なものです。ただし牛乳の素晴らしいところはカルシウムだけではなく、たんぱく質・脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミンがバランスよく含まれているところです。
そんなこと知っているよ!というお声も聞こえてきそうですが、栄養豊富な牛乳を使って作られたのがチーズですよね。チーズの種類にもよりますが、実際に100gのチーズを作るのに約10倍である1000∼1400gもの牛乳が使われます。
つまり何が言いたいのかというと、チーズには牛乳の栄養素が凝縮されていて、少ない量で手軽に豊富な栄養素を摂取できるということです!
また牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう「乳糖不耐症」の方でも、チーズなら安心して食べられます。「乳糖不耐症」の原因である乳糖は、チーズ製造時ホエイ(牛乳の水分)を抜く段階で一緒に流れ出てしまうからなんですね。

Cheese keeps your body healthy.

チーズに含まれる栄養素

では、チーズには健康の素となるどんな栄養素が豊富に含まれているのか見ていきましょう!

①カルシウム
先程もお話したカルシウムですが、成人のカルシウム推定平均必要量は「550~650㎎」とされています。
一般的にカルシウムを多く含むとされている木綿豆腐(1/2丁・150g)には約140mg、焼いわし(50g)には約49g含まれていますが、なんとゴーダチーズ(30g)には約200mgものカルシウムが含まれています。これだけでもいかに栄養素が凝縮されているかよくわかりますね!
またカルシウムは食べ物から摂取した分がそのまま身体に吸収されるわけではないのですが、チーズをはじめとする乳製品に含まれるカルシウムはその他の食品に比べて吸収率が高いとされています。実際の数値でみると、木綿豆腐の吸収率は約19%のところ、ゴーダチーズは40~50%の吸収率となっています。

②たんぱく質
筋肉の発育に欠かせないたんぱく質。もちろんチーズには豊富に含まれています!
聞いたことがある方も多いと思いますが、たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、体内で必要量を合成することができない9種類を「必須アミノ酸」と言います。体内で構成できないので食事から摂る必要がありますよね?
少し複雑な話になってしまうので詳細は割愛しますが、チーズに含まれている必須アミノ酸は非常にバランスがよく良質であると言われています。牛乳よりもたんぱく質の消化吸収率が高いのも特徴です。

③ビタミンB2
チーズに含まれるビタミンB群の中でも、最も多く含まれているのがビタミンB2。レバーや卵、牛乳、サバなどに多く含まれている栄養素です。
ビタミンB2は「発育のビタミン」とも呼ばれていて、栄養素の代謝に欠かせません。その他にも老化の原因でもある過酸化物質を分解し、体外に排出する働きや皮膚・粘膜・髪・爪などの細胞の保護・再生・維持のサポートも担っています。

④ビタミンA
視覚機能を健康に保つ働きや皮膚や粘膜を保護する働きを持つビタミンAもチーズには多く含まれています。毎日の必要推奨量は男性が850~900㎍、女性が650~700㎍とされていて、ゴーダチーズ(30g)には約78㎍含まれています。ビタミンAは活性酸素を抑え、体内の酸化を防ぐ役割も担っています。

おっと、チーズに含まれる栄養素のお話をしていたら、いつの間にかお別れのお時間になってしまいました。
まずはチーズにどんな栄養素が豊富に含まれているかをわかっていただけたかと思いますが、実際に気になるのはチーズにどのような健康効果があるのか、ということですよね。
もちろんお話します! 次のテーマこそ「チーズの健康効果」にしましょう!
それではまた次回お会いしましょう。See you again!!

2021年4月6日

[世界の生乳生産量の推移] 2021年3月

2021年3月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2021年3月 9日

Q:日本のチーズ消費は増えた?

ラジオネーム"水玉デニムさん"さんからのお便りです。

「DJゴーダさん、こんばんは。チーズやチーズを使った料理がよく話題になっていますが、実際に日本でチーズの消費量は増えているのでしょうか?」

すごく気になるお便りをいただきました。
確かにテレビでグルメ番組を見ていてもチーズの話題はすごく多いし、コンビニでもチーズケーキが並ばない日はありません。「チーズラヴァー」を公言する人もどんどん増えていますし、昨今のチーズ人気には目を見張るものがありますね。
確実にチーズが注目されているのはわかるけど、実際に日本のチーズ消費量はどうなのかってところが気になるところです。
それでは今回は日本のチーズの消費量についてお話しましょう。消費量の推移に併せて、チーズの消費量を支えるチーズ料理についても触れていきたいと思います。
少し硬い話になりますが、後半はチーズの美味しいお話もしますので!

JPcheese_1.jpg

日本のチーズ消費量

まず結論からお話すると、消費量は増えています!
1990年、イタ飯・ワインブームであった日本のチーズ消費量は約15万トンでした。その後、消費量は順調に増えていき、2019年での消費量は約36万トンになりました。
これが多いのか少ないのかあまり想像できないと思いますが、1人あたりの消費量だとどうでしょうか?1990年では1人あたりの消費量が年間「約1.2kg」でしたが、2019年では「約2.8kg」まで増加しています!

話題になったチーズ料理

さて29年間で2倍以上まで伸びたチーズの消費量ですが、この背景には話題になったチーズ料理が関わっているのではないかと考えています。
簡単ではありますが、過去話題になったチーズ料理を見てみましょう。

ティラミス
日本に旋風を巻き起こしたチーズブームといえば1990年のティラミスブームです。
もともと都心の高級イタリアンレストランでは提供されていたティラミスですが、1990年に某情報雑誌で紹介されたことがキッカケで大ブームになりました。その後グルメ番組でも紹介されるようになり、街のケーキ店やデパートでも商品化されていき、現在のようにデザートの一ジャンルとして地位を築きました!
自分でも簡単に作れるレシピなのに、なんでブームになるのだろう?と思いますよね。
ティラミスの材料であるマスカルポーネは今でこそスーパーで売っていますが、当時は手に入るようなチーズではありませんでした。インターネットもなかったですし、レシピも簡単に調べることができませんでした。
ちなみに私も初めてティラミスを食べた時の衝撃は覚えています。マスカルポーネの濃厚さとコーヒーの苦みが意外にも相性が良く、甘すぎず大人なスイーツでした。
アルバイトで稼いだお金でイタリアンレストランに行ったのですが、ネットもないので予約を取るのも一苦労でしたね...。

チーズダッカルビ&チーズハットグ
記憶に新しいと思いますが、2018年チーズダッカルビとチーズハットグは若者を中心に話題になりました。 SNSによって話題はあっという間に広がり、チーズハットグは新大久保や原宿だけでなく全国で食べられるようになりましたね。
私も新大久保でチーズダッカルビとチーズハットグを食べました! 想像以上に両方ともボリューミーで、昔と比べてブームになる料理の質が変わってきているなあ...としみじみしてしまいました。
ここ最近はチーズを使った韓国料理が注目されていますが、次はどんなチーズ料理がブームになるのか楽しみですね!

チーズ消費量を支える要素

2つの話題になったチーズ料理をご紹介しましたが、日本のチーズ消費を支えている料理で忘れてはいけないのが「ピザ」です! チーズといえば、ピザを連想する人は少なくないのではないでしょうか?
ピザの歴史はティラミスよりも古く、諸説ありますが1944年に初めて神戸のイタリアンレストランで提供されたと言われています。

JPcheese_2.jpg

またプロセスチーズも日本のチーズ消費量を支えている重要な要素と言えます。
そもそもナチュラルチーズとプロセスチーズの違いがわからない!というリスナーさんもいると思いますが、その説明はまた別の機会でするとして...簡単にプロセスチーズを説明すると、ナチュラルチーズに乳化剤を加えて溶かし、再成形したチーズです。
6Pチーズやベビーチーズは代表的なプロセスチーズで、ナチュラルチーズよりも購入しやすく保存性も高いので、より身近な存在になっていますね。

さて、チーズの消費量やチーズ料理について語っていたところでお時間になってしまいました。
チーズそのものの歴史を追うのも面白いですが、日本のチーズ消費の歴史を紐解いていくのもすごく面白いと思いませんか?
この先新しいチーズ料理が話題になって、日本のチーズ消費量がますます増えていったら...チーズラヴァーとしてこれ以上に嬉しいことはありません。
日本のチーズ消費量は世界とくらべればまだまだ少ないですからね。目指せ、デンマーク(※デンマークのチーズ消費量は世界第1位で"年間1人あたり28.9kg")ですね‼
それではまた次回お会いしましょう。See you again!!

2021年3月9日

[世界の生乳生産量の推移] 2021年2月

2021年2月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2021年2月 9日

Q:イギリスチーズの魅力といえば?

ラジオネーム"千葉県の赤べこさん"さんからのお便りです。

「DJゴーダさん、こんばんは。大学生の時にイギリス留学をしていたのですが、あまりチーズを触れる機会がなく留学が終わってしまいました。イギリスチーズの魅力を教えてください!」

今回はイギリスチーズについてのお便りですね。
やっぱりチーズと聞くと、どうしてもフランスやイタリアを思い浮かべる人は多いと思いますけど、イギリスも負けないくらい有名で魅力的なチーズがあります!
私の印象としては「個性とインパクトの強さ」がイギリスのチーズの魅力だと思いますね。全てではないですが、見た目から華やかなチーズが多いような気がします。
それでは今回はインパクト大‼なイギリスチーズの紹介をしましょう!

イギリスを代表する有名チーズ「チェダー」

チェダーと言ったら、反応するラヴァーズは多いのではないでしょうか?
世界で最も生産されているチーズで、ハンバーガー・ピザ・グラタンなど...日本でもチーズが使われる料理には欠かせないのがこのチェダーチーズ。
今や世界中でチェダーは生産されていますが、原産はイギリスであること知っていましたか?
チェダーはイングランド南西部にある小さな町の名前で、もともとは農家で作られていた約20kgの円筒形チーズでした。19世紀後半には工場生産によりブロック型のチェダーが生まれたことで、製造方法が全世界へ広がり、工場生産のチェダーは世界で最も生産されているチーズになりました。
つまりイギリスには農家と工場で生産された2種類のチェダーがあるということです!
そこで今回知ってほしいのが、イギリスの限られた地域で作られている「ウェスト・カントリー・ファームハウス・チェダー」という農家製のチェダーです。
DOP(原産地呼称制度)に指定されていて、伝統的な製法で作られた円筒形をしたチーズの表面をインド産綿布で覆いラードで塗り固められてから、最低9ヶ月の長期熟成を行う珍しい方法で製造されています。
自然なアイボリー色、きめ細かい組織、バターのような深いミルクの風味が楽しめるチーズなので、是非試してみてください。

WestCountryFarmCheddar.jpg

世界三大ブルーの「スティルトン」

これもとても有名なチーズで、世界三大ブルーの1つとしてラヴァーズから愛されています。
ねっとりとした濃厚なミルクのコクと甘み、そしてシャープでほろ苦く香ばしい青カビ特有の風味が特徴のスティルトンは、あのエリザベス女王もお気に入りで毎朝食べられているとか。
ところで、スティルトンの名前の由来はなんでしょう?
正解はロンドン郊外にある町の名前です。やっぱりチーズは地域の名前が由来になることが多いんですね! 18世紀にスティルトンという町の旅館で提供されているチーズが美味しいと評判になって「スティルトン」と呼ばれるようになったんです。
そしてスティルトンには「眠る前に食べると変な夢を見る」という面白い噂があります。
イギリスのとある団体が実際にどれくらいの人が変な夢を見たのか実験を行ったそうですが、なんと男女70%の人が奇妙な夢を見たという結果になりました!
なんとも不思議なチーズですが、日常生活に刺激が足りない方は試してみてください。

スティルトン

美しい見た目の「ポートワインダービー」

最後にご紹介したいのは、大変美しい見た目のポートワインダービー。
特にイギリスで古くから親しまれているポートワインを、組織がボロボロとしているイギリスのダービーシャー原産の「ダービー」というセミハードチーズを砕いたものに混ぜてから押し固めたチーズで、ワインの深い紫色とアイボリー色の大理石模様が見る人を魅了させます。
ダービーチーズのミルキーな香りとポートワインのフルーティーさが絶妙に混ざり合うとても上品な風味です。
私が初めてこのチーズをお店で見たときは、あまりの美しさに宝石かな?と思いましたよ。
日本でも購入することができますので、チーズ専門店で探してみてください!

ポートワインダービー

熱く語っていたら、そろそろお別れのお時間となってしまいました。
どうでしょう、イギリスチーズ! 個性がキラリと光るチーズが多いことをわかってもらえたでしょうか? 紹介しきれなかったチーズもありましたので、別の機会にでもまたご紹介しましょう。
それではまた次回お会いしましょう。 See you again!!

2021年2月9日

[世界の生乳生産量の推移] 2021年1月

2021年1月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2021年1月12日

Q:冬のチーズといえば? チーズの旬が知りたい!

ラジオネーム"オランダ観光希望さん"さんからのお便りです。

「DJゴーダさん、こんばんは。チーズは1年中スーパーに売っていますが、これぞ旬!のような季節を代表するチーズはあるのでしょうか?」

なるほど、今日のお題はチーズの季節性ということですね。
もちろんチーズにも旬はあります。例えば、カマンベールチーズやゴーダチーズは1年を通して購入できるのでなかなか季節性に気付きにくいかもしれませんが、実は海外の限定された地域で作られているナチュラルチーズには季節を反映したものが多くあります。
それでは、今回はチーズラヴァーで知らない人はいないと言っても過言ではない、秋・冬を代表するチーズ「モン・ドール(Mont d'or)」のお話をしましょう!

モン・ドール

モン・ドールとは?

モン・ドールは、フランスとスイスの国境のジュラ山脈一帯で作られる、未殺菌の牛乳を原料としたウォシュタイプのチーズです。大きさは直径約15㎝、硬さ5㎝ほどの円盤状で、チーズがとても柔らかいので "エピセア" という木の樹皮で側面を囲っています。
モン・ドールの何がそこまでチーズラヴァーを惹きつけるのか疑問に思うかもしれませんが、やはりその味と柔らかさが格別なんです! 熟成が進むと中身のチーズはスプーンですくえるくらいトロトロになって、なめらかな舌触りとクリーミーな味わいがもうたまらなく美味なんですね。
世界のチーズラヴァーズは、このモン・ドールが販売される秋の終わりを毎年心待ちにしています。

秋・冬限定のモン・ドール

え? そんな人気のチーズなら1年中買えるんじゃないの?と思ったでしょう。
残念ながらモン・ドールは秋・冬限定で、8月15日から翌年の3月15日までと生産期間が決められています。熟成期間(最低21日間)を含めて考えると、購入できる時期は9月10日から5月10日までということ。8月15日から作られたものが9月下旬に日本に入り、店頭に並ぶとラヴァーズは秋の終わりを感じるということです。11月になるとボジョレー・ヌーヴォーも解禁になり、ワインとの相性抜群なモン・ドールはクリスマスに向けて人気のピークとなるんですよ!

モン・ドール

モン・ドールとコンテの関係性

なぜ、モン・ドールは生産期間が決められているのでしょうか?
それには、"フランスで最も愛されている"とも言われる大型ハードチーズ「コンテ」が背景にあります。
コンテの生産地は、モン・ドールと同じくフランスのジュラ山脈一帯。コンテはフランスで消費量№1の大人気チーズなので、この地域で春から秋にかけて搾乳されるミルクは全てコンテ作りに使われます。
では冬はどうでしょう? 冬になるとジュラ山脈は雪が深くなり、とれたミルクをチーズ工場へ運ぶことができなくなってしまうので、酪農家は自分たちでチーズを作っていました。また、春夏の時期と比べると、牛が出せるミルクの量は減り、1軒の酪農家でコンテを作れるほど大量の牛乳は手に入りません。そこで熟成期間が短くて、少ないミルクで作ることができるモン・ドールが作られ始めたんです。
モン・ドールはコンテが作れないときの代わりだとわかると、季節限定なのが納得できます。チーズの誕生秘話って、生産地の状況やチーズ作りの環境等が関わっていて面白いですよね。

まだまだお話ししたいことはいっぱいありますが、残念ながら終わりのお時間に近づいてきました。
どうでしょう、秋・冬限定の「モン・ドール」食べてみたくなりましたか?
室温に戻して、トロトロな中身をスプーンですくい、バゲットや野菜につけて食べるもよし。
チーズに白ワインを少々混ぜ、みじん切りのにんにくとパン粉をふった後、オーブンで焼いてチーズフォンデュのように食べてもよし。
ぜひぜひみんなで季節の訪れを楽しみながら食べましょうね。
それではまた次回お会いしましょう。See you again!!

2021年1月12日
野澤組のコンセプト カタログ 酪農支援 通販
ページの先頭へ