野澤組最新情報ブログ

ホーム > 野澤北海道農場 > テクセル羊肉のレシピ > テクセルレシピのご紹介:ロース肉のゴルゴンゾーラ風味焼き

テクセルレシピのご紹介:ロース肉のゴルゴンゾーラ風味焼き

4月28日から、野澤北海道農場で大切に育てられたテクセル羊肉の販売を食販サイト「ポケットマルシェ」にて開始します。今回販売する羊肉は、北海道の千歳市にある野澤北海道農場で大切に育てられました。
日本では非常に珍しい、「テクセル種・ホゲット」の羊肉です。

pocketmarch

テクセル種

テクセル種とは、オランダ北部のテクセル島に由来する羊の種類のことです。恐らくほとんどの方が見たことのない、がっしりとした羊です。見た目は一般的なイメージと一味違い、その肉は脂が美味しく高品質な肉であると言われています。昨年9月スコットランドにて、世界一高価な羊として一頭約5200万円で落札されたのはこのテクセル種でした。

ホゲット

ホゲットとは、1歳から2歳までの羊のことを指します。1歳未満のラムと2歳以上のマトンの間にいるホゲットは、一般によく食べられるラムよりも長く育てられている分、肉の味や色が深く、より風味ある肉となります。

札幌にあるアサヒビール園様では、弊社の新鮮なテクセル羊肉を焼肉でお召し上がりいただけます。お近くの方はぜひそちらもご賞味ください。
それでは今回販売開始となりました、羊肉の6部位を使った美味しい「テクセルレシピ」をご紹介致します。

Texel Dishes おいしいテクセルを楽しみましょう!
テクセルを使った人気のレシピ

ロース肉のゴルゴンゾーラ風味焼き

  • ロース肉のゴルゴンゾーラ風味焼き
  • ロース肉のゴルゴンゾーラ風味焼き
部位ごとの特徴:『ロース肉』
‣部位ごとの特徴:
『ロース肉』

多くの人が羊肉と聞いて思い浮かぶチョップはロースからとっています。脂が乗って柔らかく、羊の旨みを最も感じるのはやはりこの部位だと思います。ハーブと焼いたチョップにかぶりつくのは最高の贅沢です。骨を除いたブロックでは、ステーキなどシンプルに食べるのがおすすめです。

材料

  • ロース肉
    200g
  • ゴルゴンゾーラチーズ
    100g
  • 牛乳
    50cc
  • (付け合わせ)
  • ジャガイモ(季節の野菜でOK)
    1個
  • 菜の花
    1本
  • (仕上げのソース)
  • フォンドボー(市販品)
    1缶
  • 赤ワイン
    50cc
  • 塩、胡椒
    適量
  • オリーブオイル
    適量

作り方

  1. ゴルゴンゾーラチーズと牛乳を手鍋に入れ、弱火かけチーズが溶けたらボールに移し冷ます。チーズソースの粗熱が取れたらロース肉を塊のまま一緒に容器に入れ、3時間くらい冷蔵庫で漬け込む。ジャガイモは皮付きのまま乱切りにしておく。
  2. 冷蔵庫からロース肉を取り出し、軽く洗い流しフライパンにオリーブオイルを入れ、やや強めの火加減で表面を焼く。この時ジャガイモも一緒にフライパンで焼く。肉に十分焼き色がついたら火を止め、余熱で中まで火を通す。
  3. (仕上げのソース)赤ワインを鍋に入れ、鍋を火にかけ煮詰める。フォンボーを入れて塩・胡椒を少々加えて味を調える。
  4. ロース肉は筋目に逆らうようにスライスぎみにカットする。焼いたジャガイモを添え、仕上げのソースをかけて、塩湯でした菜の花を飾る。
2021年4月30日
野澤組のコンセプト カタログ 酪農支援 通販
ページの先頭へ