カテゴリー 一覧
ブログ|食品NEWS
ブログ|世界の食
ブログ|酪農経営トータル支援
ブログ|馬・家畜

野澤組最新情報ブログ

スーパーマーケット・トレードショー2015

今年も、野澤組は「スーパーマーケット・トレードショー2015」に出展して
多彩な商品を提供いたします。食品部一同、皆様のご来場をお待ちしております!
smts2015.gif

開催期間:2月10日(火)~12日(木)  会場:東京ビッグサイト(東全館)

野澤組のブース番号:東5ホール 5N-02



~厳選された食材と熟練された職人たちにより作られる ジュゼッペ クレモニーニ~

『 エキストラヴァージンオリーブオイル 』

oil_01.jpg oil_02.jpg
souptext2.jpg

『ジュゼッペ クレモニーニ・エキストラヴァージンオリーブオイル』の押しはココ!

1)豊かな自然に囲まれたエミリア=ロマーニャ州 フォルリにある工場で生産
2)濾過から保管、出荷まで徹底した温度管理により実現した最高レベルの品質
3)さわやかでフルーティーな香りが特徴

いろいろな料理にとてもよく合うんです!

シーンを選ばず、サラダから肉・魚料理まで幅広くおつかいいただけます。

世界の食卓へイタリアの伝統を

創業者であるGiuseppe Cremonini氏の、「世界に誇れる"品質"と"信頼"の製品を届けたい」という想いを受け継ぎ、イタリアの伝統への愛情と情熱を持って作られる商品は、イタリアをはじめ世界中でその品質の高さが認められています。
logo_cremonini.jpgのサムネイル画像
Posted at:2015年2月 6日

スイスエキスポ出陳頭数

ショウ結果に引き続き2015年スイスエキスポの出陳頭数を追加しました!!

北米、カナダの共進会でも大活躍の200H3205ゴールドウィン、7H10506アットウッド、200H2137シド娘牛などがスイスでも数多く登場していました!!

未経産クラスでは現在、非常に人気で供給困難となっている200H6480ドアマンが出品されていました。今後もショウリングを賑わせてくれることでしょう!!


またセカンドクロップの追加で世界中で一気に評判をあげ、今話題のImmunity+種雄牛でもある200H5567シーバー、2012年エキスポで娘牛がスプリングヘイファーカーフ、フォールイヤリングクラスでクラス1席を獲得していた14H5075 ベズダ RCの娘牛の出陳なども多く見られました!!


その他にも普段から皆さんに使っていただいている種雄牛達がスイスでも活躍しています!!

気になるスイスエキスポの結果および出陳頭数はこちらからどうぞ!!

http://www.totalapproach.co.jp/express/2015/02/02/2015_swissexpo.pdf

Posted at:2015年2月 2日

2015年スイス エキスポ

こんにちは!

今回は、1月17日にスイス・ローザンヌで行われたスイス エキスポ B&Wショウの結果をアップさせて頂きます。

"スイス" エキスポと言っても出品はスイス国内だけでなく、イタリア、フランス、ドイツ、オランダ等ヨーロッパ数か国から牛が集まり、アメリカのワールド デイリー エキスポ、カナダのロイヤル アグリカルチュラル ウィンター に続きレベルの高いショウと言われています。
今回は野澤組としても初めてのスイス エキスポ視察を行いましたが、期待を裏切らない素晴らしいショウでした。中でも特筆べき点は、乳器の素晴らしさではないでしょうか。どのクラスも、上位から下位まで非常に付着の強い、底面の高い乳房をもっており、また静脈が浮き出る質感に優れた乳器の牛がそろっておりました。

また、若々しい印象のインターミディエイトクラスから、月齢を重ねて徐々に徐々に充実してくるシニアクラスへの牛の変化の仕方も見ごたえがありました。

グランドチャンピオンには、前評判通り、ボスアイアン娘牛の「オカリブラ」が輝きました。
オカリブラは昨年のヨーロッパチャンピオンであり、乳用性、強健性を兼ね備えたその姿で、ヨーロッパだけでなく世界中にその名を知らしめました。
ショウ全体としては、北米産種雄牛の娘牛の出品が多く、日本でも娘が活躍している、アットウッド、フィーバー、シド、ウィンドブルック等の素晴らしい活躍を目にすることができました。

このままで更に長々と書いてしまいそうなので・・・
以下リンクより、結果をご覧ください。

2015年スイス エキスポ 結果

また、弊社フェイスブックでも、写真付きでスイスエキスポの様子、欧州内での牧場視察の様子をご覧頂けます。「野澤組のトータルアプローチ」で是非検索してみてください。

スイスも素晴らしかったですが、日本の共進会シーズンに皆様の愛牛を見れることが今からとても楽しみです。


Posted at:2015年1月30日

2015年 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
いつも野澤組最新情報ブログをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

本年もチーズに関するいろいろな情報や海外駐在員による海外の最新情報、食品部の取り組みなど皆様にとって少しでもお役に立てる記事、旬な情報をタイムリーにお届けしたいと思っております。
今後とも引き続き、野澤組最新情報ブログをチェックしていただければ幸いでございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2015年1月5日

Posted at:2015年1月 5日

クリスマス in U.S.A.②

皆さんこんにちは。今回のブログは前回に引き続きアメリカのクリスマス事情をお届け致します。前回はクリスマスツリーについてお話しましたが、クリスマスと言えばやはりサンタクロースですよね。日本でもこの時期にはサンタのコスチュームを身にまとった人をよく見かけますが、やはりアメリカは本場です。

まずはこちら

christmas_06.jpg christmas_07.jpg

ロサンゼルスにある"THE GROVE" というショッピングモール内には"SANTA HOUSE"があります。何だかお菓子の家のようなこの家の中ではサンタと一緒に写真や動画の撮影ができるそうです。もちろんサンタに会えるのは12月24日までです。

続いてはこちら

christmas_08.jpg christmas_09.jpg
christmas_10.jpg christmas_11.jpg

12月のとある土曜日に街中はもちろん、駅のフォーム・電車内・レストランなどがサンタクロースで一色になる日があります。その名を"Santa Con":サンタコン。1994年にサンフランシスコで始まり現在では世界各地で行われているお祭りのようなイベントです。都市毎に運営方法や雰囲気は違うようですが、宗教や政治、商業的な目的ではなく純粋にみんなでサンタクロースの格好をして楽しむというイベントです。
まさに自由の国アメリカらしいイベントですが、近年ではこのサンタコンでのマナーの悪さや参加者たちによるけんかの問題が起こり、その苦情や抗議が殺到しているそうです。

日本にもいつか上陸してくるかもしれない「サンタコン」、サンタクロースのイメージを壊さないものでなければいけませんね。

Posted at:2014年12月19日

クリスマス in U.S.A.①

皆さんこんにちは、年の瀬を迎えますます朝晩の冷え込みがきつくなって参りました。
もうすぐクリスマスですが、何かご予定は立てられましたか。
今回は世界のクリスマスということでアメリカのクリスマス事情をお届けいたします。

日本でも近年、12月が近くなるとあちらこちらでキレイなクリスマスのイルミネーションを見ることができます。もちろんアメリカでも同様ですがやはりそのスケールの大きさを感じます。特にクリスマスツリーの壮大さには圧倒される程です。

bigtree.jpg

サンフランシスコで一番有名なクリスマスツリーといえばユニオンスクエアにある巨大ツリー。全長85フィート(約25m)の高さのツリーが数千個ものライトとオーナメントに飾られ、サンフランシスコの街に華を添えています。
また、この時期になると大きな通りや広場、お店のショーウィンドウなど至る所でクリスマスツリーを見ることができます。

tree_1.jpg tree_2.jpg
tree_3.jpg tree_4.jpg

なんとアメリカでのクリスマスツリーの年間消費量は数千万本とも言われ、全米で一番の生産量を誇るオレゴン州では年間約700万本ものクリスマスツリーが生産されているそうです。オレゴン州では各家庭でも12月に入るとクリスマスツリーを専門に栽培している農家へ行き、自ら選んだツリーをのこぎりでカットする「クリスマスツリー・カッティング」が大切な年中行事になっているそうです。カットしてきたモミの木はその香りが寄り一層クリスマスのムードを作りだします。
日本ではなかなかこの体験はできませんが、今年のクリスマスは是非小さくても自分好みのクリスマスツリーを飾ってみてください。

Posted at:2014年12月19日

2014年12月 アメリカ、カナダ種雄牛成績

皆さん、こんにちは!!12月3日にアメリカ、カナダの種雄牛成績が発表となりました!!

米国ホル協ハイランキング・サイアー・レポートTPI TOP100LPI TOP200が公開中です!!

 

ハイランキング・サイアー・レポート結果

TPI TOP100結果

LPI TOP200結果

 

是非チェックしてみてください!!

Posted at:2014年12月 5日

2014北海道総合畜産共進会 記念撮影

今年の全道にて、リザーブインターミディエイトチャンピオンを獲得された瀬能剛氏から

写真を頂きました!!弊社の社長、野澤も写っています!!

20141204184347-0001.jpg

Posted at:2014年12月 5日

イスラエル・レポートVOL.3 「イスラエルへ いらっしゃいませ!」

NOV.2014

イスラエル・レポート VOL.3

Yoko Yamaguchi
Welcome to Israel!
イスラエルへ いらっしゃいませ!
  少し前に、海外においてGoogle上で検索される和食キーワードとして一位はスシ、二番目に多いのがエダマメだったというニュースが話題になり、意外なものが海外で人気なことに驚きました。スシレストランがニューヨークに続いて世界で最も多いと言われるイスラエルでもエダマメは特に日本料理店でないバーやレストランのメニューでもよく見かけ、スーパーの冷凍食品売り場にも必ず売っています。和食が海外で人気であることは日本人として鼻が高いことですが、外国で受け入れられる和食は本来の和食とは少しギャップがあるようです。

 日本食
◆スシバーブーム
  今年10月末にエルサレムで始まった年に一度の異国文化を広めるイベント、その第一回目としてジャパンカルチャーウィークが開催された。このイベントで食文化を紹介した和食レストランシェフによると、93年にエルサレムで初の日本食レストランをオープンしてから、現在までにイスラエルにおける和食文化は大きく変わったそうだ。数軒しかなかったレストランは500軒に増え、醤油や味噌などの日本の調味料は、現地のフレーバーとして既にイスラエルのライフスタイルに入り込んでいるという。
  商業首都テルアビブにおいてスシは10年前から徐々に知られるようになり、スシバーはここ5年で爆発的に増えた。現在テルアビブに約150店ほどある和食系飲食店のうち(37軒/10万人:世界で4番目に多い都市。東京都は40軒)、その8割はスシを専門に提供する店。若者が店先のテーブルでお箸を当たり前に使って友人たちとスシを食べている様子はテルアビブ的風景の代表格だ。
  外国でスシを食べたことがある方はイメージしやすいと思うが、スシバーのメニューは太巻きが主流で、日本では見たこともないサンドイッチスシや、サーモンタルタルなど日本人からすると斬新で面白い。(リンク参照)カウンターでは東南アジア系の板前さんが力を込めて握ってくれて、一個一個がすごくお腹にたまる。ほとんどのスシバーが宅配スシもやっていて、宅配ピザと同じくらいの人気だ。ちなみに、うちの隣人も週に一回くらいのハイペースで利用している。
テルアビブ市内のスシバー 人気スシレストランMoonのメニュー
◆愛される理由とは

コーシャ認証のキッコーマン
調味料類はコーシャを取得している
  スシ人気はブームの域を超えたと言ってもいい。なぜならスシは外食だけでなく内食として定着したからだ。10年前には醤油すらごく限られたアジア食材店にしか売っていなかったが、いまやどこのスーパーマーケットでも醤油、米酢、短粒種米や海苔など、スシを作るための一通りの材料と道具が買えるようになっている。こういった日本食材の多くを輸入するRakuto Kasei Israel(洛東化成)によれば、イスラエルでは3分の1の家庭に醤油が常備されていて、年間1トンのキッコーマンの醤油と650トンの米がイスラエルで消費されるそうだ。醤油、酒、味噌など調味料類の市場のうち日本製のものが約9割近いシェアを占めるという。(実際スーパーでは醤油以外は中国産ばかり目にするので不確かだが)
  人気の理由は、第一にイスラエルの食文化が非常にオープンであること、そしてベジタリアン、ビーガン、グルテンフリーダイエットといった健康志向がものすごく流行っていて(三人に一人はなにかしら制限してると感じる)、日本食は体に良いイメージが強いこと、旨くて安くて手軽なのにジャンクではないと認識されること、ファッションであることなどが挙げられるだろう。
◆スーパーで見かける日本食材
  かといって、日本食ならなんでも人気かというとそうでもない。小売向けの豆腐を製造しているカフリバリーは今年から絹豆腐を止め、硬いタイプの豆腐のみを製造する。はっきりした味付けを好むイスラエル人には味気がなくて柔らかく扱いづらいためか、イスラエルでは絹豆腐は受け入れられなかったそうだ。豆腐全体の売上は去年と比べて40%増えているが、ベジタリアン、ビーガン料理で肉の代替として利用されることがほとんどなので、むしろオリーブ入やターメリックなどのフレーバー豆腐のバリエーションが幅広い。
  こちらに来て驚いたのがチョーヤの梅酒をイスラエル人が誰でも知っていること。和食飲食店はもちろん、普通のバーにも質販店にも置いている。不思議に思っていたのだが甘いもの好きのイスラエル人に好まれたこと、早々からイスラエル市場担当者を構え、年に数回日本からも訪問するほど力を入れている成果だそう。地道な営業のたまものだ。
豆腐コーナー
(約300gでNIS12~15 = ¥360~460)
どの豆腐も日本の木綿よりずっと硬い
大手乳業トゥヌーバの豆乳飲料
最も一般的で乳酸菌飲料のような甘い味
¥350~400
ショットタイプ無糖豆乳
300ml ¥180
質販店にて
alpro豆乳 普通のスーパーの
常温コーナーに必ず売っている
¥460~520
もやしは生でサラダに使われる
ことが多い
(NIS7~9 = ¥200~270)
健康にいいからか、しめじ、えのき
しいたけ、ブナピーはスーパーで
よく見かける(NIS12.99 = ¥396)
◆これから売れそうな食材
  日本酒を高級スーパーで探してみると日本産のものは少ない。どれも中国産か、米国産で品質の悪い酒がありえないほど高い価格で売られている。まだまだ日本メーカーのものが入る余地はある。
  麺や米、肉の代替として使うこんにゃくやしらたき(欧米では既に注目されているそう)、高野豆腐や湯葉、大豆ミート、ベジタリアンツナなど保存性が高いもので自然食、菜食主義を意識した食材が売りやすそうだ。
台湾製の缶コーヒー
台湾からわざわざ輸入している
メキシコのJUMEX
濃厚で美味しいのですごく人気
¥300くらい
アメリカのAriZona Green Tea
パッケージが目を引くから売れるようです。
コンビニなどでよく見かけます。
Posted at:2014年11月25日

第6回 九州連合ホルスタイン共進会

皆様こんにちは!
11月15日に行われました九州連合の結果をお知らせ致します。

審査員:千葉 義博氏(北海道ホルスタイン農業協同組合 審査部長)

 

グランドチャンピオン
12部 熊本県 菊池農業高校
KAHS メーヤス ブリッツ カイト M フタゴ(父:ブリッツ)


リザーブチャンピオン
9部 熊本県 松島 太一氏
ホームステッド アイス アイオーン フタゴ(父:アイオーン)


ジュニアチャンピオン
4部 熊本県 松野 佑哉氏
ドリーム アイオーン ハーゲン(父:アイーン)


ジュニアリザーブチャンピオン
2部 熊本県 竹内 太輔氏
レガーレ MF ゴールドチップ フェイス(父:ゴールドチップ)




第1部(後代検定娘牛 9ヵ月以上12ヵ月未満)
1:スプラッシュ  2:ホイットニー  3:スプラッシュ

第2部(12ヵ月以上14ヵ月未満)
1:ゴールドチップ  2:フィーバー  3:ブラクストン

第3部(14ヵ月以上16ヵ月未満)
1:シャドー  2:シャドー  3:アイオーン

第4部(16ヵ月以上19ヵ月未満)
1:アイオーン  2:サンチェス  3:ブラクストン

第5部(19ヵ月以上22ヵ月未満)
1:ブラクストン  2:サンチェス  3:ゴールドチップ

第6部(後代検定娘牛 36ヵ月未満 2歳)
1:アイオーン(BU)  2:ラストショー  3:モンブラン

第7部(30ヵ月未満 2歳ジュニア)
1:ブラクストン(BU)  2:アドベントレッド  3:モンモス

第8部(30ヵ月以上36ヵ月未満 2歳シニア)
1:シド  2:ダンディー(BU)  3:シド

第9部(36ヵ月以上42ヵ月未満 3歳ジュニア)
1:アイオーン(BU)  2:デストライ  3:ティーオフ

第10部(42ヵ月以上48ヵ月未満 3歳シニア)
1:ティンバー(BU)  2:ドレッサー  3:サンチェス

第11部(4歳以上5歳未満)
1:ボギー(BU)  2:プロント  3:タレント

第12部(5歳以上)
1:ブリッツ  2:ゴールドウィン  3:ジェイズ

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄から150頭を超える牛たちが
集結し熱戦を繰り広げたショウでした。
関係者のみなさま大変お疲れ様でした。

Posted at:2014年11月21日
前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
サイト内検索
野澤組のコンセプト酪農支援通販