野澤組最新情報ブログ

ニューヨーカーが足繁く通う「Katz's Delicatessen」

katz's_titlecolor_01.jpg

ここ 『カッツ・デリカテッセン』 は、ロシア系ユダヤ移民が1888年に創業した食堂。
映画「恋人たちの予感」(原題:When Harry Met Sally) の食事シーンで一躍有名になったデリ。
メグ・ライアンが演じる主人公Sallyがほおばっていたサンドイッチが、店の一番メニューである。

"SEND A SALAMI TO YOUR BOY IN THE ARMY"

オーナーは愛国者で、戦場にいる息子たちにサラミを送ろうというスローガンを掲げている。
お店のホームページを開くと、トップページに現れる
"SEND A SALAMI TO YOUR BOY IN THE ARMY" の文字。
ホームページ上から彼らにサラミを送ることもできる。サラミの他に、オリジナルTシャツやキャップなども販売している。

KAtz's_01.jpg
KAtz's_02.jpg
KAtz's_03-2.jpg
KAtz's_04.jpg

ところどころ「ウェイターサービス」と書かれたテーブルに座る人がいる。他の人はカウンターで注文して、空いたテーブルに自分で運ぶ。

名人も多数くるらしく、我々が訪れた日の昼もクリントン元大統領が来たそうだ。

これぞニューヨークのB級グルメ!

KAtz's_05.jpg

この店の一番メニューである「Pastrami on rye」。
ライ麦パンにパストラミハムを挟んだもので、真っ黒な焼き立てのハムを豪快にスライスしてくれる。本来はガチョウの胸肉を燻製にしたものだが、ここではビーフ。 写真はこれで半分の大きさ。圧巻のボリュームである。

KAtz's_06.jpg

値段は$15.95。ガーキンの浅漬けと古漬け(ピクルス)もついてくる。
切符のようなものを入り口のレジでもらい、カウンターで注文する時に渡す。チェックを入れてくれるので帰りにそれを持ってレジでお金を払う仕組み。

オーナーがテーブルを回り、客たちに気さくに声をかけている。その様子から常連が多いのがわかる。
我々のテーブルに来た時に聞いてみた。
「Katzというとドイツ語ではCatのことだね。」
「そうだね。でもうちじゃ猫料理はやらないよ。」と切り返された。

当時の面影が残る街~ローワーイーストサイド~

Katz'sが店を構えるマンハッタンのローワーイーストサイドは、20世紀初頭ユダヤ系移民のコミュニティの街だった。Katz'sから1ブロック南に「Tenement museum」がある。ここは、移民達が暮らしてきた共同アパートをそのまま再現した博物館。ニューヨークを歴史の観点からディープに感じることができる場所であろう。

KAtz's_07.jpg

ショップにはNYの歴史に関するグッズのほか、NYにちなんだお土産もたくさん販売している。
歴史的建造物をめぐるツアーの発着地点にもなっているので、 参加してみるのもいいかもしれない。

KAtz's_08.jpg

お腹も心も満たされ、ニューヨーク開拓期の雰囲気漂うローアーイーストサイドにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

KAtz's_09.jpg
2013年6月19日

パリで最古のレストラン 「Le Procope」

leprocope_title

出張で訪れたフランスで、サンジェルマンにあるパリ最古のレストラン 「Le Procope」 に行きました。ここは、イタリアのシチリア島パレルモ出身のフランチェスコ・プロコピオ氏が1686年に開いたレストランで、フランス革命で断頭台の露と消えたロベスピエールも愛した老舗です。この度は、Ambrosi社のお招きにより、300年を超える歴史に包まれながら食事や会話を楽しみました。

Ambrosi社のFrancesco氏と
Ambrosi社長の甥Ottorino氏

ロシアのバイヤーも参加

Tete de veau (子牛の頭のココット)
子牛の頭の肉を脳髄などと一緒に煮込んだ豪快な料理

Magret de canard
(フレンチダックのオレンジ風味)

Entrecote de race Normande
(ノルマンディー牛のステーキ)

Glaces et sorbets
(アイスクリームとシャーベット)

店の外に立っているだけでまるで映画のワンシーンのようです。
当時の雰囲気を味わいに訪れてみてください。

Le Procope
13 rue de l'Ancienne Comédie
75006 PARIS
www.procope.com (FR/EN)
2013年5月15日

超巨大グルメストアー "イータリー" in Rome

eataly_title

2012年10月、4ヶ月前に開店したばかりの「ローマ・イータリー」を見てきました。 イータリーは超大型のグルメストアとして2004年にトリノで1号店が生まれ、ローマ店は世界で19番目の出店です。 この場所は、もともと空港建設予定地で17,000㎡の広さを持ち、ローマの中心部から南東に地下鉄で約30分ほどの近さにあります。しかも、ピラミーデ駅に隣接している好立地。

この日は日曜日のせいか、広い店内はどこも人であふれていました。
入り口は、大きなガラス張り。4階の各イートイン・コーナーからの眺めもバツグンです。

Piazzale XII Ottobre 1492 Roma

売り場は、飲料・ワイン・ビール、精肉・サラミ・ハム、魚、野菜・果物、チーズ・乳製品、オリーブオイル・アチェト、パスタ・ソース、パン・ケーキなど食材ごとに分けられていて見応えあり!本や雑貨も売っています。

特に、店内でイータリー・ブランドビールの醸造、モッツァレラチーズ作り、パン焼き、手打ちパスタなどの実演をガラス越しで見せるという、鮮度を十分に強調した演出をしています。

チーズ工房

ビール醸造所

「作りたてのチーズ」売り場

「熟成チーズ」売り場

ユニークなのは、それぞれの売り場に「その食材を用いたイートイン・コーナー」が設けられていること。その場で売られているグルメ食材を調理してもらって食べることができます。

また、ビール売り場は、それぞれの売り場からおつまみや軽食を取り寄せたり、ビールやワイン付きのセットメニューを食べたりできます。

ビール売り場のイートイン・コーナー

テーブル番号を伝えて注文

おつまみはサラミコーナーから...「カラザウ」

モルタデッラとリコッタ

プロシュートとモッツァレラ ブッファラ

クラテッロとバター

充実したワインコーナー

東北を助けよう!

生鮮品の鮮度は、ウリの一つ。鮮魚売り場のディスプレーも素晴らしい!!

「助けてくれぇー」としゃべりそうなほど新鮮

どの魚も鮮度が光っています

エイもうまそう...

生ウニや海藻類も豊富です

パスタ売り場は、品揃えが豊富です。

長いショーケースの奥で
職人が手打ちでパスタを作っている

ドライパスタも種類が豊富...

パン売り場も、ガラスの向こうでパンを焼いています。

焼きたてパン

具を挟んでピアディーナに...

他にも、野菜、果物、スウィーツ、ジェラートなどを楽しむことができます。

店員の笑顔も非常によく、"買う・見る・食べる" といったエンターテインメント性の高いショッピングセンターでした。 そのせいか、子供連れの家族姿が目立っていました。 「イータリー」全体は、ショッピングと食事を楽しみながらのんびり過ごせる最高の場所です。

ローマに出掛ける際は、是非「イータリー」に立ち寄ってイタリアン・フードをご堪能ください。

2012年11月26日

「チーズ&ジャム」がおいしい! (J-WAVE LOHAS SUNDAY)

今回も、前回のブログに引き続き先日(2012/7/15)にFMラジオ J-WAVEのLOHAS SUNDAYの番組内で紹介されたチーズの食べ方をご紹介いたします。

servingcheeseandjam.jpg 『チーズとジャム』。クリームチーズ以外はあまりピンとこない方が多いかもしれませんが、欧州などではチーズにジャムを添えて習慣的に食べられています。

レストランのチーズプレートにナッツやドライフルーツが添えられているのも目にしたことはありませんか?実はチーズと甘い物とは非常に相性が良く、ジャムの他ハチミツやメープルシロップ等と合わせられます。定番の組み合わせには、
  • ヤギのチーズ × イチジクのジャム
  • ゴルゴンゾーラ × ハチミツ
  • ブリーチーズ × リンゴジャムやメープルシロップ
等が人気です。これまた意外な組み合わせですが、優しい甘みでオードブル等にオススメなのは
マスカルポーネチーズ × 今話題の麹を使った「麹ジャム」。

他にもさまざまな組み合わせがあり、例えばイタリアのレストランなどでは、様々な種類のチーズ・ジャム・コンポートなどの中から自分の好みの物をチョイスすれば、それを1つのプレートに仕立てて提供してくれます。

ジャムの種類もとても豊富で、野菜やキノコのジャム、バルサミコビネガーを使ったチーズの為のジャムなんていうものもあります。

日本のお店でも数多くの種類が入手できますので、是非お気に入りの「マリアージュ」を探してみてください。

jams.jpg
2012年8月 6日

「フェルメールチーズ」 (J-WAVE LOHAS SUNDAY)

前回のブログに引き続き、先日(2012/7/15)にFMラジオJ-WAVEのLOHAS SUNDAYの番組内で登場したチーズをご紹介いたします。

vermeercheese.jpg オランダ、フリコ社「絵画傑作シリーズ」の一つ、フェルメールチーズが、今年3月に米国ウィスコンシン州で開かれた第29回国際チーズコンテストでワールドチャンピオンに選ばれました。これは、2004年の同シリーズからレンブラント(REMBRANT)チーズが優勝したのに続く快挙です。

このコンテストには世界中から82部門2,500種類のチーズが参加し、部門別チャンピオンの中からグランプリが選ばれます。 http://www.worldchampioncheese.org/

審査委員長の選評によると、「低塩、低脂肪でありながら、しっかりとしたフルボディーの風味ときめ細かい組織を備えている。」というものでした。

dutchmasterpiece.jpg フェルメールチーズは、フリコのシュテーンデレン工場で作られた16週熟成のチーズで、通常のゴーダより塩分が0.5%も低く、脂肪は20%も低くなっていながら、特別な乳酸菌の働きで濃厚な旨味が出ています。

そのほかフリコの絵画傑作シリーズには前述の1年熟成レンブラント、甘みのあるヴィンセント、山羊乳製のフランス・ハルスチーズがあります。

次回は、「チーズとジャムの美味しい食べ方」をご紹介する予定です。お楽しみに!
2012年7月25日

スイスのチーズ「Tete de Moine」 (J-WAVE LOHAS SUNDAY)

先日の日曜日(2012/7/15)、FMラジオのJ-WAVEから、LOHAS SUNDAYの番組に当社社長の野澤毅一郎がゲスト出演し、まだ日本ではあまり知られていないチーズや、面白い食べ方の話をいたしました。その模様が野村由里さんのSARAYA ENJOY NATURAL STYLE のコーナーで詳しく紹介されておりますので、ぜひご覧ください。

http://www.j-wave.co.jp/original/lohassunday/enjoy/120715.html

tete_de_moine.jpg ここで紹介されているスイスのチーズ、Tete de Moine(テ デュモアンと発音するようですが、当社では読みやすく「テテ デ モア」と紹介しています。)は約900gの円筒形で、ジロールという器具に固定して上からハンドルを回しながら薄く削って食べるのが面白いところです。チーズがぐるぐる巻かれるように削られてゆくと、ちょうどカーネーションの花のような形になります。

やや香りの強いウォッシュタイプのチーズですが、このように薄く削ると食べやすくコクのあるナッツのような風味の味がします。

パーティーなど人の集まる場所に置くと演出効果も抜群で、一度にすべて食べきってしまうほどです。レストランのテーブルサービスなどでその日に使い残した場合は、チーズを器具から外して切り口にラップをかけて冷蔵庫で保存します。もし数日保存するような場合は、白ワインを振ったお皿に、チーズの切り口を下にして乗せ、全体をラップで包んで保管すると乾かずに良い状態を保つことができます。

番組で紹介された他のチーズは、これから順々にご紹介いたします。次回は、ウィスコンシンで行われたチーズの世界大会でチャンピオンになったオランダFRICO社の「フェルメール」の予定です。
2012年7月19日

台中駅前の「宮原眼科」に行ってきました

miyahara01.jpg
structure.jpg
ceiling.jpg
groundfloor.jpg
pineappletea.jpg
dontbelikemonkey.jpg

台中で話題の「宮原眼科」に行ってきました。

ちょっと変わった名前ですが、日出酪農グループが経営する、台中駅前にあるカフェです。ここは、鹿児島県出身の「宮原眼科医」によって建てられた病院跡。モダンにリフォームし、ケーキやジェラートなどの人気スイーツが楽しめる話題の場所になっています。

頑丈な鉄骨で支えられた建物の内部は、さながらハリーポッターのホグワーツ魔法魔術学校のようで古色蒼然。立体感を演出した美しいアトリウムになっています。

tilefloorandspring.jpg
100door.jpg

床のタイルは昔のまま。丸い「筒」(写真中央)は、当時使われていた井戸です。 鋳物で作られた天井には、中国文字「喜」がデザインされています。自然採光と3階までの吹き抜けで、店内はとても開放感があります。築100年を表すドアの取っ手も印象的。100の文字は「長い伝統」も意味します。

1階は「スイーツ売り場」です。棚には、美しく装丁された本のように商品のパッケージが並んでいます。ディスプレイされている「秤」に本物の英国製骨董品を使うなど、雰囲気作りも手を抜いていません。

1階にあるジェラテリアでは、なんと2時間待ちの行列。カカオ豆の産地と含有量を表示したチョコ、 当地の各種フルーツ、抹茶とマスカルポーネ入りの3コーナーに分かれています。後ろにある桜は、特注の陶製。
gelateria.jpg 

パイン果肉入り「宮原パール紅茶」はオススメです。パールでデザインされたレトロなカップで飲むこの紅茶はホントに美味しい!VIPルーム(4階)の壁には、「努力しない人間は猿のまま」を意味する絵が?!

3階にあるのは、まもなくオープンするシャンペン・バー。ガラスケース(写真左)には、ピューターの燭台がずらりと並んでいます。これも全て骨董品。ここでシャンペンを楽しむ人は、席に着く前に一つ選び、そこで出会ったお気に入りにテーブルキャンドルを灯します。

champagnebar.jpg

宮原眼科は、野澤組の台湾事業会社、Food Fashion Taiwan(富華股份有限公司)のお得意様 「日出乳酪グループ」が台中駅前にオープンする5番目の店です。

台中に行かれる際は、ぜひ寄ってみてください。

2012年4月 2日
前の10件1  2  3  4  5  6
野澤組のコンセプト 酪農支援 通販
ページの先頭へ