野澤組のブログ
ブログ|食品NEWS
ブログ|世界の食
ブログ|酪農経営トータル支援
ブログ|馬・家畜
会社概要
採用情報
お問い合わせ

お知らせ

2013.11.22|イタリア料理専門展 『アッチ・グスト』 に出展致します

来週11月26日(火)・27日(水)と2日間にわたり都立産業貿易センター浜松町館にて開催されます、第3回イタリア料理専門展 「アッチ・グスト」 2013 に当社の食品部が出展致します。
イタリア料理に欠かせない食材や機器が一堂に集まる当イベント。 当社は、DELVERDE<デルヴェルデ>をはじめ各種イタリア食材をご紹介する予定です。 その他にも、シェフたちが行う各種デモンストレーションやセミナーも開かれますので、お近くの方、ご興味のある方はぜひ足をお運びください。
acci_gusto2.jpgのサムネール画像 会期:2013年11月26日(火)・27日(水) 10:00~17:00
会場:都立産業貿易センター浜松町館3・4F
    (東京都港区海岸1-7-8)


展示会の詳しい情報は、以下のホームページをご覧ください。 http://www.a-c-c-i.com/gusto/

2013.4.19|新人研修が始まりました(畜産部の業務-空港で)

naritatour00
2013年4月11日(木)、新入社員の三人は成田空港にて新人研修を行いました。畜産部が関わっている馬の輸入の現場を、実際に見て学ぼうという内容です。
関係者以外は滅多に入ることのできない空港内部に興奮気味の彼ら。小雨が降る肌寒い中、ドキドキで飛行機の到着を待ちます。
naritatour01 naritatour02
お待ちかねの飛行機が到着した途端、小雨が止んでお天気が回復!
naritatour03 naritatour04
初めて間近で見る貨物機。馬を乗せたコンテナが降りてくると、その様子に興味津々。関係者の話に熱心に耳を傾け、積極的に質問しました。
naritatour05 naritatour06
現場作業員たちによって、コンテナからトラックへと速やかに移される馬たち。ここから空港内の検疫所へ運ばれるのです。
私たちも検疫所の前まで移動し、輸入される動物の安全性を保障するための厳正な検疫について説明を受けました。
naritatour07 naritatour08
naritatour09 naritatour10
初めての実地研修でしたが、現場の生の声に終始真剣に耳を傾け、熱心に質問をしたりメモを取ったりと、業務の大切さを肌で感じる貴重な日でした。

新入社員にたくさんの刺激を与え、会社のあらゆる面を学べる、新人研修の旅は続きます!
naritatour11

2013.4.03|入社式を行いました

2013入社式
2013年4月1日(月)、満開の桜の中、当社東京本社にて2013年度新入社員の入社式を
行いました。
今期は3名の若い精鋭達が野澤組の仲間に加わります。
当社代表の野澤より「野澤組への入社おめでとう。皆さんの若い力は会社の成長に不可欠です。新しい発想を持ち続け、いつまでも好奇心を忘れないで下さい。そして、チャレンジ精神旺盛に、実行力を持って仕事に取り組みましょう。また、1人で考え込まずに報連相をしっかり行い、皆から信頼される社員になってください。」と新入社員へ向けて歓迎と期待の言葉を贈られました。
i_ceremony2013_03
幹部役員からも歓迎の挨拶と新入社員へ激励がありました。
i_ceremony2013_04 i_ceremony2013_05
新入社員は、緊張の面持ちながらキラキラと瞳を輝かせ、元気よく抱負を述べました。
i_ceremony2013_06 i_ceremony2013_07
4月より2ヶ月間全国の支店・営業所を周りながら社会人としての基礎をしっかり学んだ後に、6月から各部署に配属されます。
新しい仲間とともに野澤組はこれからも一丸となって頑張って参ります。

2013.2.25|会社説明会を開催しました

2014年4月入社予定 新卒者向けに今年度は東京会場に加え、大阪の説明会を含め
3回開催いたしました。予想を超えるたくさんの学生の皆さまにお越し頂き、大盛況となりました。
東京で開催 大阪で開催
質問コーナーでも沢山の質問を頂き、帰りがけにも社長の野澤や先輩社員に積極的に質問する姿も見られました。
弊社説明会では、ホームページや就活情報サイトなどでは伝わらない野澤組の仕事の魅力や社風を、弊社代表の野澤をはじめ若手社員がたっぷりとご紹介させて頂きました。
今年2013年4月には、新卒者3名が入社する予定です。
若い力でさらにパワーアップしていきますので、今後とも野澤組を宜しくお願いいたします。

2012.11.15|フランスチーズ鑑評騎士 叙任式

フランスチーズ鑑評騎士の会  2012年11月13日「第21回目のフランスチーズ鑑評騎士の叙任式」 がホテル メトロポリタン エドモントで行われ、当社代表の野澤毅一郎がシュバリエを叙任いたしました。
 フランスチーズ鑑評騎士とは、1954年、フランスにおいて伝統的なチーズの製造方法及びチーズ製造・販売に携わる人々を保護または支援するために、フランスで設立されたフランスチーズ鑑評騎士の会が授与する称号のことです。
 称号はグラン・オフィシエ、プロフェショネル、シュバリエの階級に分かれております。 (メダルと称号について

 日本支部理事長 江上栄子様よりメダルをかけられ、バトンで両肩をたたかれます。 この儀式は、肩を剣で叩くという古代ローマの貴族階級で行われた儀式に起源を持ち、中世ヨーロッパ時代、騎士の叙任儀式で行われていたそうです。

 2012年度は19名のシュバリエと、4名のオフィシエに昇格された方々が叙任しました。 当社代表の野澤毅一郎が、19名の新シュバリエを代表してお礼の挨拶をしました。
 これからも、より一層皆さまにチーズを楽しんでいただけるよう、社員一丸となって邁進してまいりますので、よろしくお願い致します。

2012.10.01|「北海道サポートセンター」 開設

この度、物流機能のさらなる強化と、より一層のサービス拡充を図り、北海道帯広市に
「(株)野澤組 北海道サポートセンター」をオープンしました。
北海道サポートセンター (株)野澤組 北海道サポートセンター
これを記念して2012年9月25日、日本国内のみならず海外から多くの関係者様にお集まり頂き、北海道サポートセンターにて開設祝賀会を開催致しました。
社長挨拶(サポートセンター開所式) オープンハウスの様子
今後とも一層のご愛顧を賜りますよう宜しくお願いいたします。

2012.8.29|オランダで残した「足跡」 - [1937年] 種畜牛の輸入

野澤組は貿易業の草分けとして、創業143年を迎えました。今回は、その長い歴史の中の1ページをご紹介致します。
明治精糖・極東煉乳(現株式会社明治)の依頼を受けて、当時専務取締役の人見九一は1937年7月にオランダ・レワーデンで種畜牛2頭を選定しました。当時の酪農専門誌「乳牛タイムス・第205号」では、関係者が種畜牛を選定している模様の記念写真を掲載していました。
牛乳タイムスP2 牛乳タイムスP1
(画像をクリックして拡大)
この底本となった選定の記念写真及び種畜牛を輸送した船舶の写真が、北オランダ・フリースランド地方の乳牛登録協会(FRS)の創始者、キュペルス氏宅(曾孫が保存)で発見されました。
輸送船 集合写真
(画像をクリックして拡大)
同氏が選定牛と来日した際、横浜・長崎を旅行したと思われる写真もキュペルス氏の曾孫により保存されています。
この話を耳にしたオランダ女王委員会の推薦で、4代目社長 野澤眞一郎は、1992年にベアトリックス女王陛下より「オレンジ・ナッソー家のナイト」の称号を叙勲されました。
種畜牛の輸入に先立つ1931年、オランダFRICOよりチーズの輸入を始めた事も推薦の理由になったそうです。思えば、野澤組とオランダの関係は80年以上経た今でも良好な状態で続いており、今後もこの深い繋がりが続いていくことでしょう。

2012.7.19|FMラジオJ-WAVEに当社代表 野澤毅一郎がゲスト出演

2012年7月15日放送、FMラジオJ-WAVEの番組「LOHAS SUNDAY」内、
SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE』に
当社代表の野澤毅一郎がゲスト出演し、野澤組のチーズが紹介されました。

foodstuffblog.jpg 詳しくは、野澤組の食品部ブログにて
ご紹介しておりますので是非ご覧ください。

At J-WAVE studio

2012.7.02|「キャリアTV」に、学生の皆様に向けた当社紹介を掲載


careertv_logo.png

「キャリアTV」にて、学生の皆さんに向けた会社紹介動画をオンデマンド配信しております。ぜひ、ご覧ください。

presidenttalks.jpg

2011.9.30|お陰様で10周年

 弊社チーズ専門工場、(株)エフエフシーは2001年9月20日にISO9001の認定を得ました。この度、認定10周年を記念したトロフィーを認証機関・株式会社日本環境認証機構より頂きました。今後とも、様々なニーズに対応する高水準の加工力と商品の安全性を高める衛生管理に努めて行きます。


ISO9001トロフィー
サイト内検索
野澤組のコンセプト酪農支援通販