野澤組最新情報ブログ

ホーム > 野澤組最新情報ブログ > 食品記事一覧

試食品の紹介(1) スーパーマーケット・トレードショー2014

今年も、野澤組は「スーパーマーケット・トレードショー2014」に出展して
多彩な商品を提供いたします。食品部一同、皆様のご来場をお待ちしています!
smts2014_1
smts2014_2


当社のブースでは、毎日様々な試食品をご提供いたします。
その幾つかを事前にご紹介します。
torofie_1logo

昔ながらの自家製法 ドン ペッピーノの

『 トロフィエ 』

torofie_2

2月12日(水)展示会初日に弊社ブースにて
『ジェノベーゼソースのトロフィエ』を
ご提供いたします!

torofie_3
torofie_4

ジェノベーゼソースのトロフィエ!

フレッシュなジェノベ-ゼソースをグラナパダーノとマスカルポーネチーズでまろやかでコクのある味わいに仕上げました。もちもちのトロフィエとの味わいが絶妙です。

『Don Peppinoトロフィエ』の押しはココ!

1)グルテン含有量13.2%以上の最高級デュラムセモリナだけを厳選
2)手作りのようにやさしく練り込み成型するカゼレッチ製法
3)ソースとよく絡み、柔らかめのもちもち食感

ジェノベーゼソースととてもよく合うんです!

日本でも人気のジェノベーゼソース(バジルソース)は現地の北部イタリア・リグーリア地方ではトロフィエでよく食べられています。ボンゴレビアンコなど魚介系ソース、トマト系ソースの仕上げにもジェノベーゼソースを絡めてリグーリア地方伝統の味をお楽しみください。
torofie_5

『Don Peppinoトロフィエ』と相性抜群
『MONTANINI ペスト アッラ ジェノベーゼ』

MONTANINIのフレッシュバジル・松の実・ペコリーノチーズ・オリーブオイルをペースト状にした緑色の美しい、香ばしいソースです。生クリームやミルクを加えると、まろやかなコクのあるソースになります。

イタリア: パスタの故郷プーリアで
伝統の製法でじっくり丁寧に作りました!

 イタリア半島のかかとに位置するイタリア南部最大の平野、プーリア州にあるブティック・ファクトリー、Don Peppino。
 ここでは15人の職人たちが品質にこだわり、昔ながらの自家製法を守りながら丁寧に作り上げています。小さな工場ですが、NASAが基準としているHACCPを早くから導入し、ISOの認定も取得しております。
 原料から製法までこだわり抜いて作られたトロフィエをぜひご賞味ください。
torofie_6.jpg
2014年2月10日

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
いつも野澤組最新情報ブログをご愛顧いただき誠にありがとうございます。


本年もチーズに関するいろいろな情報や海外駐在員による海外の最新情報など皆様にとって少しでもお役に立てる記事をたくさんお届けしたいと思っております。また、食品部の取り組みにつきましてもイベントや展示会情報などをご紹介させていただく予定ですので、今後も引き続き、野澤組最新情報ブログをチェックしていただければと思います。


本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2014年1月 8日

チーズフェスタ 2013

cheesetop.jpg

11月11日(月)~11月12日(火)までの二日間、ベルサール原宿にて、 チーズの祭典「チーズフェスタ2013」が開催されております。 チーズフェスタは、11月11日の「チーズの日」を記念して毎年開催されるイベントで、今年で22年目を迎えます。

cheese02.jpg

入口入ってすぐのチーズ紹介コーナーでは、チーズメーカー各社によるおすすめチーズの特徴や、そのチーズを使用したレシピの紹介が行われています。
本日弊社はオランダ産チーズ、ワールドチャンピオンシップチーズコンテストグランプリ受賞のフリコ「マスターピースシリーズ」をご紹介させて頂きました。 明日はイタリアチーズ、パルミジャーノレッジャーノとバルサミコジャムの食べ合わせをご紹介する予定です。

cheese03.jpg

入口で試食券をもらえば、誰でも4種類の
チーズを味わうことができます。

cheese04.jpg

試食コーナーでは、珍しいチーズが食べられるとあって、長い行列ができておりました。

cheese05.jpg

おなじみのチーズをはじめ、世界中のチーズが展示してあります。

cheese06.jpg

グッズ販売コーナーでは、弊社のチーズおろしや
スライサー等、多数取り揃えております。

cheese07.jpg

実際にスライサーを用いて弊社で扱っているチーズをスライスし、みなさんに試食して頂いています。

cheese08.jpg

メインステージではチーズが大好きな峰竜太さんのトークショーも行われていました。隣にいるのはチーズフェスタのイメージキャラクター、「ハイ・チーズくん」。 チーズに関するトークショーなどが1日を通して行われているので、楽しめます。チーズフェスタは本日20:00まで。明日、12日(火)は19:00までの開催なので、興味のある方はぜひ足を運んでみて下さい。

開催日時や会場などの詳しい情報は下記のチーズフェスタ2013ホームページをご覧下さい。
「チーズフェスタ2013」

2013年11月11日

国際酪農連盟ワールドデイリーサミット2013

mg_wds2013.jpg

10月28日(月)~11月1日(金)にかけて、パシフィコ横浜/パンパシフィック横浜ベイホテル東急にて、
" WDS(国際酪農連盟ワールドデイリーサミット2013)" が行われております。
今回弊社では各企業のブースが集まる "ベイホテル東急地下二階:クイーンズグランドボールルーム内"の
豪州マレーゴールバン社ブースにて、MGナチュラルクリームチーズ、ヌーシャテルチーズなど取扱商品を
ご紹介させて頂いております。

2013年10月31日

ドイツ『アヌーガ国際食品展示会』レポート

Title_anuga2013
 2013年10月5日から9日にかけてドイツのケルンで開催された「アヌーガ国際食品展示会」のレポートをお届けします。これは、二年に一度開催される世界最大の食品展示会です。今年は6,777社が出店、187カ国から155,000人が来場しました。
 今回は、オランダ、イタリア、スイス、スペイン、フィンランド、ギリシャから魅力ある商品を出展した各社のブースや商品を、写真と共にレポートします。
ドイツ『アヌーガ国際食品展示会』レポート (PDF
"anuga" official website: www.anuga.com (eng / deu)
2013年10月15日

ロンドン市内の小売店売り場をリサーチ

 2013年3月、英国出張の際にロンドン市内のデパート、チーズショップ、市場のリサーチに行きました。様々な小売店の売り場を写真でご紹介します。

[ ロンドン市内の有名チーズショップの売り場 ]

さすが、英国のチーズショップだけあってチェダーチーズの種類が豊富!
ショーケースに並んでいるチーズは英国産ブルーチーズをはじめ、フランス、イタリア、
デンマークのブルーチーズが販売されています。奥には、チーズに合う赤ワインが販売されています。
店頭では、パルミジャーノ レッジャーノのホイールを数玉ずつ積み上げ、
その上にクラッカー、マグカップ、ピクニック用バスケット等を置いて販売。
店内では、地元の酪農家が製造したヨーグルト、デザート、フレッシュモッツァレラを使用した
サンドイッチやスペイン産のチョリソーを販売しています。
ショップの奥では、チーズ各種を描いたお皿が販売されています。
チーズ各種を少量ずつのせたチーズプレートを提供するのに便利なお皿!
チーズ用グレーターは、小さい物から大きな物まで各種販売されています。

[ ロンドン市内の高級デパート内のハム売り場 ]

イタリア産の生ハムをはじめ、各国の生ハムを取り揃えています。

[ ロンドン市内の高級デパート内のパン売り場 ]

お客様が自分の購入したいパンをトレーに載せて購入するシステムを採用。

[ ロンドン市内の高級デパート内のワイン売り場 ]

このコーナーでは、フランス国内の各エリアから集められたワインが販売されていました。

[ ロンドン市内の高級デパート内の
シャンパンとスパークリングワインの売り場 ]

フランスのシャンパンをはじめ、各国のスパークリングワインが販売されています。
様々な種類のものが揃っているため、普段からスパークリングワインを飲むことが多い
欧州の人々に重宝されています。

[ ロンドン市内の高級デパート内のワインバー ]

ワイン売り場に併設してワインバーがあるため、顧客は買い物途中に休憩がてら
各種グラスワインを楽しめます。カウンターバー奥にはレストランがあり、
ワインと一緒に軽食をとる事もできます。

[ ロンドン市内市場のチーズショップ ]

店舗前では、フランス産コンテの約6ヵ月熟成品と1年以上の熟成品を販売しています。
両チーズ共に、約200gカットにして購入し易いように提供しています。
秋から冬にかけて作られるウオッシュタイプで有名な
フランス産 ヴァシュラン・モン・ドールは良い状態で販売されています。

[ ロンドン市内市場のサラミショップ ]

フランス産の香辛料をまぶしたサラミ各種を販売しています。
shopinldn13
2013年5月 1日

ファベックス2013 - 開催レポート

「ファベックス2013」にて
今年も当社ブースにお越し頂きまして有難うございます


fabex2013_01 開発専門のスタッフがご提案する多彩な商品に注目が集まりました

  今年の「ファベックス」は、同時開催のイベントと共に最近の数年間で最も多い来場者数を記録しました。

  毎年、チーズの新しい市場を開発する当社食品部の専門スタッフは、ブースにて「これまでありそうでなかった商品」をご紹介し、製菓製パンメーカーや給食関連等の関係者方等多くの方々に御興味をもって頂きました。今年もそれらの商品に、ブースにお越しいただいた沢山のお客様の関心が集まり、「チーズのこういう使い方があったんですね...」 、 「新しい発想だね」、「チーズと他の具材とのコントラストで、見た目にも良いレシピですね」とご感想をいただきました。

  とりわけ注目度が高かったのは「スモークフレーバーシュレッド」です。手軽に燻製フレーバーを付与できる、シュレッド状になったスモークチーズです。これは、食品部ブログでも事前にお知らせしました。

  ファベックス開催後も当社では、最近の外食産業や市販商品に求められる「使い切りサイズ」 「オペレーションのしやすさ」を中心として、メニューを手軽に拡げられる商品の開発を進めております。ご相談等ございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。
FABEX会場の写真
ファベックス全体の「開催レポート」はオフィシャルサイトから! fabex_logo
2013年4月12日

ファベックス2013 - 開発商品の紹介(3)

今年も、野澤組は「ファベックス2013」にて魅力的な商品を提供します
食品部一同、皆様のご来場をお待ちしています!
FABEXロゴ
ブース番号:2L-38


当社ブースでは、期間中に様々な商品をご覧いただけます。
その幾つかを事前にご紹介します
スモークフレーバーシュレッド


サーモンムニエル・ホットドッグ
味と香りで惹きつける!進化系ホットドッグ!
『 サーモンムニエル・ホットドッグ 』
材 料:
スモークフレーバーシュレッド、ホットドック用パン、サーモン(切り身)、塩・こしょう、小麦粉、バター、マスタード、ケチャップ
作り方:
①サーモンに塩・こしょうし、小麦粉を薄くつけ、フライパンにバターを入れて両面を焼く。
②パンに切れ目を入れ、①のサーモンをはさみ、スモークフレーバーシュレッドをのせ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼くお好みでマスタード、ケチャップをかけても!
1)スモークチーズがシュレッド状に!
2)手軽に料理に燻製フレーバー付与を実現!
3)伸びよくコクのあるチーズをブレンド!
fabex2013_14
太古からずっと受け継がれてきた燻製。"押す"も"引く"も心得て、お料理にときにさりげなく、ときに力強く変化をもたらします!例えば...
『スモーキースペアリブ』
スペアリブの焼き上がり前に、「スモークフレーバーシュレッド」をふりかけ焼く。タレの濃淡で、スモークフレーバーを引き立たせる、タレとスモークフレーバーの個性がぶつかり合うなど異なる表情が楽しめます!
『スモーキー焼きおにぎり』
おにぎりに「スモークフレーバーシュレッド」を入れて結び、焼く。鰹節、大葉、ちりめんなど、和の具材の入った焼きおにぎりをだしの中に入れれば、「スモーキー茶漬け」に変身します!
『スモーキーフリッタータ』
溶いた卵に、飴色まで炒めた玉ねぎ、「スモークフレーバーシュレッド」を入れて焼く。玉ねぎの甘みとスモークフレーバーがシンプルな一品に深みを増します。世界中のオムレツ料理に「スモークフレーバーシュレッド」を入れたくなります!
2013年3月27日

ファベックス2013 - 開発商品の紹介(2)

今年も、野澤組は「ファベックス2013」にて魅力的な商品を提供します
食品部一同、皆様のご来場をお待ちしています!
FABEXロゴ
ブース番号:2L-38


当社ブースでは、期間中に様々な商品をご覧いただけます。
その幾つかを事前にご紹介します
フローズン・チーズ・コロン


チーズコロン・ブラウニー
可愛いドット柄ブラウニーが誕生しました!
『 チーズコロン・ブラウニー 』
材 料:
フローズン・チーズ・コロン、ビターチョコレート、無塩バター、全卵、 砂糖、薄力粉、くるみ、塩、バニラオイル
作り方:
①チョコレートとバターを湯煎で溶かし、溶き卵、砂糖、塩、バニラオイルを混ぜ合わせる。
②薄力粉を①に加え、さっくりと混ぜ、粉気がなくなったらくるみ、フローズン・チーズ・コロンを加え、軽く混ぜる。
③型に紙を敷いて生地を流し込み、170℃のオーブンで約50分焼く。
1)独自製法でナチュラルチーズが"冷凍"可能に!
2)焼成しても"溶け出さない"!
3)加熱後も変わらない、色の"白さ"とチーズの"コクと風味"!
その日使う分だけ取り出して使用する、冷凍したい生地やペーストにあらかじめ混ぜておくなど目的に応じて対応できるようになりました!冷蔵でも冷凍でも使いこなせるレシピを紹介します!例えば...
『ベルリーナー/クラプフェン』
生地に「フローズン・チーズ・コロン」を練り込んだ揚げたパン生地、フランボワーズジャムがいつもとは違うハーモニーを奏でます!アプリコットジャムやあん、ジャムの代わりにレーズンなどのアレンジも楽しめます!
『フローズン・チーズ・コロン・デニッシュ』
生地に織り込めば、どこから食べても「フローズン・チーズ・コロン」の風味が味わえ、トッピング(フルーツなど)を合わせれば、幾重にも美味しさを創造します!
『エビトースト』
エビペーストに「フローズン・チーズ・コロン」を混ぜ、食パンに塗って焼く、もしくは揚げる。ペーストの材料を変えることで、バリエーション豊かなトーストの世界が広がります!
2013年3月21日

ファベックス2013 - 開発商品の紹介(1)

今年も、野澤組は「ファベックス2013」にて魅力的な商品を提供します
食品部一同、皆様のご来場をお待ちしています!
FABEXロゴ
ブース番号:2L-38


当社ブースでは、期間中に様々な商品をご覧いただけます。
その幾つかを事前にご紹介します
レアチーズケーキの素


レアチーズ羊羹最中
あっという間に和風デザートに変身!
『 レアチーズ羊羹最中 』
材 料:
レアチーズケーキの素、こしあん、最中皮
作り方:
①レアチーズケーキの素を電子レンジで加熱し液状にする。
②液状になったレアチーズケーキの素とこしあんをよく混ぜ合わせる。
③混ぜ合わさった②を最中皮にはさむ。
fabex2013_03
1)短い時間、少ない手間でデザートができる!
2)シンプルなキットだから、アレンジしやすい!
3)ヌーシャテル・チーズの魅力=酸味がクセになる!
fabex2013_04
シンプルさを追求したキットが土台!四季折々のアレンジもより手軽になりました! 例えば...
『レアチーズ花見団子 』
完成したレアチーズケーキに細かくカットしたフリーズドライのフランボワーズ、削ったレモン皮、抹茶パウダーで桜色、白、緑を表現し、春を感じさせるデザートに!
『レアチーズ水無月』
完成したレアチーズの上に、粒あんを乗せるだけで「夏越祓」を祈願する「水無月」に見立てた年に1度のスペシャルなデザートに!
『レアチーズ竹流し』
青竹の筒の中に液状になったレアチーズケーキの素を流し込み、冷やし固めれば、ほんのり青竹香るデザートに!そのまま食べても!小豆や蜜等和風ソースやフルーツ ソースでも!
fabex2013_05
  緑豊かな東京都八王子市に、当社の加工工場(株)エフ・エフ・シーがあります。小回りが利くこと、多くの熟練たちが活躍していることが、これまでのビジネスを支えてきました。知識と経験に裏付けされた熟練たちが、お客様のご要望に真摯に取り組んでいます。
  いつの日もお客様に満足していただけるよう努めてまいります。
2013年3月14日
前の10件1  2  3  4  5  6  7  8
野澤組のコンセプト 酪農支援 通販
ページの先頭へ