野澤組最新情報ブログ

ホーム > 野澤組最新情報ブログ > [Traditional Food Mania] プルドポーク サンドウィッチ

[Traditional Food Mania] プルドポーク サンドウィッチ

Traditional Food Mania

グローバル化が進む現代だからこそ、根強く愛され続けているのは地元の郷土料理。
ほっとする家庭料理、ならわしとしての食事、季節を感じる食材etc...
各国各地の文化をのぞいて下さい。

産地:アメリカ南部

プルドポーク サンドウィッチ

ダイナーでのプルドポークサンドウィッチ $17.5

プルドポーク サンドウィッチ

産地:
アメリカ南部
材料:
豚肉、バーベキューソース、ドライ・ラブ、ハンバーガーバンズ、好みでオニオンフライ、コールスローなど
投稿:
ニューヨーク駐在員
プルドポーク

ホロホロと崩れる柔らかい豚肉

プルドポークとは、南部スタイルバーベキューの代表的なメニューのひとつで、豚の腕肉や肩肉の塊をBBQグリル、スモーカー、オーブン等を用い低温でゆっくり5時間以上かけて蒸し焼きにし、 それをほぐしたもののこと。プル(Pull)とは「引き裂く」や「むしる」の意味である。ハンバーガーバンズに好みの副菜とともに挟んで食べられることが多い。

アメリカの南東部の州には、独特で伝統的な南部料理(サザンフード)が数ある。南北戦争(1861~1865年)前のアメリカには、アフリカからたくさんの黒人が連れて来られた。 彼らは農産地帯である南部で米やとうもろこしを栽培した。さらにアフリカ原産のピーナッツや豆類、オクラやスイカなどを母国からもたらした。川や湾で捕れるザリガニやナマズも大事な食糧で、 このように自給自足の生活から生まれた家庭料理が南部料理として定着していった。また、豚は飼育が牛より安易で安価なことから南部でよく食されてきた。そしてベーコンやソーセージだけではなく、 プルドポークやスペアリブが南部料理として根付いていった。

プルドポークtfm274_3

アメリカでは蒸し焼きにできる
蓋付きBBQグリルが主流

プルドポークの作り方は、まず生肉の塊にドライ・ラブと呼ばれるミックススパイス(愛好者はシークレットレシピを持つ)を擦り込み、下味をつける。 この手間で、グリルした肉の表面がカラメル化して焼き目ができ、後から塗るソースの乗りがぐんとよくなる。長時間じっくり調理することで肉汁もしっかり肉に閉じ込められ、ジューシーに仕上がる。 やがて肉の塊がホロホロと崩れるほどになったところで細かく割き、バーベキューソースを絡めれば出来上がる。作るのに時間がかかるものの、調理法はいたって簡単である。

現在、南部料理はアメリカ中で食べることができるようになっている。プルドポークはレストランの典型的なプレートとして、チリビーンズやテキサストーストと並んで定着している。

2017年1月 9日
野澤組のコンセプト 酪農支援 通販
ページの先頭へ