カテゴリー 一覧
ブログ|食品NEWS
ブログ|世界の食
ブログ|酪農経営トータル支援
ブログ|馬・家畜

野澤組最新情報ブログ

ホーム > 野澤組最新情報ブログ > [Traditional Food Mania] フィリーチーズステーキサンドイッチ

[Traditional Food Mania] フィリーチーズステーキサンドイッチ

Title of Traditional Food Mania
グローバル化が進む現代だからこそ、根強く愛され続けているのは地元の郷土料理。
ほっとする家庭料理、ならわしとしての食事、季節を感じる食材etc...
各国各地の文化をのぞいて下さい。
worldmap_tfm268

フィリーチーズステーキサンドイッチ
チーズ・ウィズのフィリーチーズステーキサンドイッチ $10

フィリーチーズステーキ
サンドイッチ
(Philly Cheesesteak Sandwich)

産地:
フィラデルフィア
材料:
牛肉の薄切り、玉ねぎ、ホーギーロール、
プロヴォローネまたはチーズ・ウィズ、塩、胡椒
投稿:
野澤組 ニューヨーク駐在員

 フィリーチーズステーキサンドイッチは、炒めた薄切り牛肉と玉ねぎ、チーズを長いロールパンに挟んだサンドイッチ。 ペンシルベニア州フィラデルフィアが発祥の地である。このサンドイッチの起源は、1930年代はじめにフィラデルフィアに住んでいたパットとハリーのオリヴィエリ兄弟が、 細切りにしたステーキをホーギーと称されるロールパンにのせて供したことによると言われている。オリヴィエリ兄弟がホットドックスタンドでこのステーキサンドイッチを売り出したところ評判となり、 やがてサウスフィラデルフィアにレストランを持つまでになった。当時はチーズが入っていなかったが、他店がプロヴォローネを加えたサンドイッチを提供するようになり、やがて現在の形が完成した。


 伝統的に、チーズステーキに使われている牛肉はリブアイかトップ・ラウンド(もも肉の上部)である。調理方法はスライスしたプロヴォローネを炒めた肉の上にのせ、 チーズが溶けだしたところで開いたロールパンに挟み込む。一方で加工したスプレッド状のチーズも好まれており、これは1952年に誕生した「チーズ・ウィズ」がきっかけで、 この場合は挟んだ牛肉に後からたっぷりかけるものとして広く支持されるようになった。フランスパンのように見えるシンプルなパンはしなやかで噛みごたえのあるホーギーロールと呼ばれるもので、 購入後はお好みでチェリーペッパーの酢漬け・ピクルス・ケチャップ・マヨネーズなどで味を加えられる店もある。現在フィリーチーズステーキサンドイッチはアメリカ国内のレストラン、 カフェテリア、ダイナー、屋台などで一般的なメニューとして取り入れられており、ファーストフード店から高級レストランまで様々な食シーンで食べることができる国民食となっている。


薄切り肉はアメリカでは画期的であった 購入後に好みでトッピングを
加えることもできる
オフィス街の屋台でもランチの定番
2016年7月11日
サイト内検索
野澤組のコンセプト酪農支援通販