野澤組最新情報ブログ

チーズフェスタ 2018 レポート

11月10日(土)~11月11日(日)の2日間、 昨年同様EBiS303 3Fイベントホールにてチーズフェスタ2018が開催されました。

チーズフェスタ画像01 チーズフェスタ画像02

今年もハイ!チーズくんは大人気! 会場は大勢の人でにぎわいました。

チーズフェスタは今回で27回目を迎えました。今年のチーズフェスタは「ようこそ!魅力いっぱいのチーズの世界へ。」というテーマが掲げられ、会場も大勢の人で賑わいました。イベント開始前から並んで下さっている方もいらっしゃり、改めてチーズへの関心度を認識いたしました。
毎年恒例の「チー1グランプリ」では全国から過去最多の1514作品の応募があり、その中から関東甲信越ブロックの「チー干しポテト」がグランプリとして選ばれました。クリームチーズとレーズンを混ぜ合わせたものを干いもで包み、トースターで焼き上げたデザートで、チーズの酸味と干しいもの甘みが合わさり絶妙な味わいを生み出しています。

チーズフェスタ画像03 チーズフェスタ画像04
チーズフェスタ画像05 チーズフェスタ画像06
チーズフェスタ画像07 チーズフェスタ画像08

野澤組は今年もハイ!チーズくんが見守ってくれている中、パルミジャーノ・レッジャーノチーズ協会と共催でパルミジャーノ・レッジャーノのカットショーと即売会を行いました。40kg大のチーズがあっという間にカットされていく様子は、何回見ても驚いてしまいます。大きかったパルミジャーノ・レッジャーノが小分けされていくと、チーズの芳醇な香りが会場内に広がりました。また少し変わった食べ方として、具材としてカレーやみそ汁に入れるレシピもご紹介させていただきました。
その後、パルミジャーノ・レッジャーノの即売会を行い、大勢の方にパルミジャーノ・レッジャーノをお買い求め頂きました。ご家庭で楽しんでいただけたら幸いでございます。

チーズフェスタ画像09 チーズフェスタ画像10

サブステージでは主力ブランドでありますオランダの Frico ブランドとイタリアの AMBROSI 社の紹介をさせて頂きました。AMBROSI社の紹介コーナーでは3種類「グラナパダーノ」「マスカルポーネ」「ゴルゴンゾーラ」をご説明致しました。20分という短い時間ではチーズにまつわる歴史やオススメの食べ方等を全てお伝えすることはできませんでしたが、少しでもアンブロージ社のチーズに興味を持っていただけましたら大変うれしく思います。

 今年掲げられたテーマの通り、チーズの魅力が存分に伝わったチーズフェスタになったのではないでしょうか。来年も皆様にお会いできることを楽しみにしております。

2018年11月16日

[世界の生乳生産量の推移] 2018年11月

2018年11月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2018年11月13日

[Traditional Food Mania] のっぺ

Traditional Food Mania

グローバル化が進む現代だからこそ、根強く愛され続けているのは地元の郷土料理。
ほっとする家庭料理、ならわしとしての食事、季節を感じる食材etc...
各国各地の文化をのぞいて下さい。

産地:新潟県

のっぺ

汁物のように見えるが、煮物である

のっぺ

産地:
新潟県
材料:
乾燥ホタテ貝柱、干しシイタケ、蓮根、里芋、人参、こんにゃく、かまぼこ、銀杏、いくら、だし汁(家庭によって具材・だし汁は異なる)
投稿:
新潟営業所 営業部員

 「のっぺ」とは、野菜をたっぷりと使用した新潟県の郷土料理。新潟県では当たり前のように食べられている家庭料理で、古くから正月やお盆などの年中行事の際に作られてきた。新潟全土で食べられ、家庭に限らず小料理屋または居酒屋などでも提供される。

 名前の由来は、「濃餅」や「能平」と書かれる「ぬっぺい」から来ており、"とろみ"のあるという意味。のっぺのほかに、"ぬっぺい"や"ぬっぺり"と呼ばれることもある。

 作り方は乾燥ホタテ貝柱と干しシイタケをそれぞれ水で戻し、その他の具材を短冊もしくは細切りにする。鍋にだし汁を移し、かまぼこ・銀杏・いくら以外の具材の灰汁を取りながら煮込む。火が通ったらかまぼこと銀杏を入れ、味付けをする。ここに茹でておいたいくらを入れる。 加熱し、表面が白くなった状態のいくらを新潟では"とと豆"と呼んでおり、のっぺには欠かせない材料である。加熱することでプチっと口の中ではじけるような食感に変化するため、生のいくらよりとと豆の方を好むという声もある。またのっぺのとろみは片栗粉ではなく、里芋からでる自然のとろみである。温かくしても冷たくしても美味しいなので、1年を通して食べられる。

 ところで、のっぺに類似している「のっぺい汁(濃餅汁)」という料理はご存知だろうか。のっぺい汁は全国的に食されている料理で、残ってしまった野菜の皮やヘタをごま油でいためてから煮込んだ汁物。濃餅とは餅のようなとろみを意味しており、その名前の由来はのっぺと同様でとろみであることがわかる。 ルーツは精進料理だが、現在では鶏肉や魚を加えることもある。「のっぺ」との違いは、「のっぺ」はあくまで煮物であり、残り物の野菜などではなく、食材にもこだわっている点が大きく異なる。

 来年はおせちにのっぺをプラスして温かい正月にしてみてはいかがだろうか。

乾燥ホタテ貝柱

乾燥ホタテ貝柱を水で戻す

具材を煮込む

根菜などの固い具材から煮込み、
かまぼこや銀杏は後から入れる。

のっぺの食材

のっぺには多くの材料を使用する

2018年11月13日

「チーズフェスタ 2018」 開催のお知らせ

チーズフェスタ2018

出展:http://www.cheesefesta.com

チーズ普及協議会ならびに日本輸入チーズ普及協会が開催する、チーズの普及と消費拡大を目的としたイベント「チーズフェスタ2018」に、野澤組も参加いたします。

会場は昨年と同様エビススバルビル(EBiS303 3F イベントホール)にて、11月10日(土)から11日(日)までの2日間開催されます。
◎日時: 2018 年11 月10 日(土) 11 時〜19 時/11 日(日)11 時~18 時【入場無料】
◎会場: 「EBiS 303」 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル3F【Map】
◎交通: JR恵比寿駅東口から徒歩約3分、地下鉄日比谷線恵比寿駅①番出口から約4分
◎主催: チーズ普及協議会、日本輸入チーズ普及協会
◎対象: 一般(入場無料)
◎オフィシャルサイト:http://www.cheesefesta.com/cheesefesta2018/

本年もチーズのレシピコンテスト『第7回チー1グランプリ』や日本アイスクリーム協会とチーズがコラボレーションした試食コーナー、「きょうの料理」でおなじみのムラヨシ マサユキさんがご紹介する秋の濃厚チーズメニューなどの企画が盛りだくさんです。
野澤組も例年ご好評をいただいておりますパルミジャーノ レッジャーノ協会との共催によるパルミジャーノ レッジャーノのカットショー&即売会やFrico、Ambrosiのブランド、チーズのご紹介コーナーなどで皆様のお越しをお待ちしております。
お近くにお寄りの際は是非お立ちよりください。

2018年11月 5日

[世界の生乳生産量の推移] 2018年10月

2018年10月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2018年10月 9日

EU GI チーズフェスティバル レポート

9月28日(土)に新宿NSビルにて「EU GIチーズフェスティバル」が開催されました。
このイベントは日EU経済連携協定(EPA)に基づき、日本で今後保護されるEUのGIチーズ産品に関する紹介、普及・啓発が目的で今回初めて開催されました。

GIとは

地理的表示とは、農林水産物・食品などの名称で、その名称から産地や品質などの特性が当該産地と結びついているということがわかる名称の表示です。
日本で保護されるEUのGIチーズは全部で26品あります。
EUではこれらのチーズは産地や製法が決められており、他の地域で作られたものや、本来の産地で作られたものであっても品質基準を満たないものはその名称を使用することができず、不正使用は法律で取り締まられています。
日・EU経済連携協定により日本でもこれからGI産品が保護されることになります。
会場内に設置しているパネルではGI産品の名称についての詳しいルールが記載されていました。このイベントでGI保護制度を初めて知った方も多いかと思います。

特設ステージではオープニングセレモニーから始まり、農林水産省のステージではGI保護制度について詳しい説明がありました。その他にもアジアーゴ、グラナパダーノ、コンテ、フェタの歴史や製法、特徴を説明するステージが開催されました。各チーズ協会や大使館の方の熱く語る姿を見て、GIチーズを誇りに思う気持ちが伝わったお客さまも多くいらっしゃったと思います。
また試食コーナーでは1日で6ヵ国12種類のGIチーズを試食提供いたしましたが、ここで初めて口にしたGIチーズもあったのではないでしょうか。会場ではチーズとお酒のマリアージュを紹介するお酒の販売コーナーもあり、マリアージュを楽しんでいたお客様も多くいらっしゃいました。

gic2018_05
gic2018_06gic2018_07

販売コーナーでは全22種類のGIチーズを販売いたしました。試食して気に入ったチーズを購入されるお客様や積極的に質問してくださるお客様が多く、GI保護制度やGIチーズへの関心の高さを感じました。

初めての開催ではありましたが、多くのお客様にGIチーズをご紹介できたイベントでした。ご来場いただいた皆様がGI制度やGIチーズについてさらに興味を持っていただけましたら幸いでございます。

2018年10月 9日

[Traditional Food Mania] ピエロギ

Traditional Food Mania

グローバル化が進む現代だからこそ、根強く愛され続けているのは地元の郷土料理。
ほっとする家庭料理、ならわしとしての食事、季節を感じる食材etc...
各国各地の文化をのぞいて下さい。

産地:ポーランド

ピエロギ

挽肉とリコッタチーズが入ったピエロギ
5つも食べればお腹一杯になるというボリューム

ピエロギ

産地:
ポーランド
材料:
卵、サワークリーム、小麦粉、具材、ベーキングパウダー、塩
投稿:
アムステルダム駐在員

 この水餃子のような形をした料理はポーランドの郷土料理「ピエロギ」である。ポーランド人なら誰もが好きな主食で、その具材は多岐にわたる。挽肉、マッシュポテト、チーズ、羊乳チーズ、ザワークラウト、キノコなどが一般的な具材として詰められることもあればデザート用として新鮮な果物を詰められることもある。主に茹でて提供することが多いが、店舗によっては焼いて提供することもある。ポーランドではテラス席で日光を浴びながらビールを片手にピエロギを食べる人々をよく目にするが、ピエロギとビールはとても相性が良い。

 そんなピエロギはかつてポーランドとリトアニア共和国の東部辺境地帯の貧しい下層農民の料理であった。調理に様々な工夫をしたり、高価な材料を用いたりしたことで、ピエロギは貴族や商人を含むポーランドの全ての社会階級に普及した。それと同時に貧しい東方辺境地方の下層農民の料理が改良されたという歴史もある。

 ここでピエロギの作り方を紹介したい。まずはピエロギに入れる具材に火を通し、冷ましておく。次は皮作りだが、実はピエロギ作りにおいて最も難しいのは皮作りである。卵とサワークリームを滑らかになるまでかき混ぜ、ふるいにかけた小麦粉・ベーキングパウダーと混ぜ合わせる。ある程度生地がまとまったら耳たぶより少し硬い程度になるまでこねる。麺棒で3ミリほどの厚さにのばし、丸いコップで型抜きをする。生地の中心に具をのせ、周囲を水で濡らし、フォークを使ったりそのまま素手で包んだりする。大きな鍋にお湯を沸かし、塩を少々入れたらピエロギを5分程茹でる。茹で上がったピエロギに溶かしバターでパン粉を揚げたソース、もしくはラードでカリカリに揚げたベーコンと玉ねぎをかけて完成。デザートの場合はアップルソースなどをかけて食べるのが主流である。

 日本で本場のピエロギを口にすることはなかなか難しいので、ぜひとも手作りに挑戦してほしい一品である。

tfm295_2ピエロギ

焼いたピエロギも
提供されることがある

tfm295_3ピエロギ

ピエロギに合うポーランド産ビール

tfm295_4ピエロギ

ワルシャワ旧市街
ワルシャワにはピエロギ専門店が多くある

2018年10月 9日

[世界の生乳生産量の推移] 2018年9月

2018年9月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2018年9月11日

[Traditional Food Mania] くるみ餅

Traditional Food Mania

グローバル化が進む現代だからこそ、根強く愛され続けているのは地元の郷土料理。
ほっとする家庭料理、ならわしとしての食事、季節を感じる食材etc...
各国各地の文化をのぞいて下さい。

産地:大阪府

くるみ餅

堺市発祥のくるみ餅 豆の穏やかな甘みが特徴

くるみ餅

産地:
大阪府 堺市
材料:
餡、餅(または白玉)
投稿:
大阪食品部員

 黄緑色の枝豆餡が爽やかな印象を与える大阪 堺市の銘菓「くるみ餅」。一口大の餅に餡が和えられており、餡の穏やかな甘みと味噌のように滑らかな口当たりが特徴の伝統的な和菓子である。

 名前の由来は胡桃ではなく、あんこでくるんだ餅という意味で「くるみ餅」。大阪府の南河内、泉州、泉南地域では秋祭りのご馳走として、来年の豊作を願うために食された。餡は店舗によって置いているものが異なるが、基本的に黄緑の枝豆餡と茶色の大豆餡の2種類が存在する。そしてくるみ餅は別名で「畦餅(あぜもち)」と呼ばれることがある。それは水田の畦に大豆を蒔いて根を張らせ、地固めをしたことから大豆が畦豆とも呼ばれるからだ。くるみ餅の餡が2種類あるのは、畦に蒔いた大豆をいつ収穫するかの違いに起因したのかも知れない。

 くるみ餅の歴史は安土桃山時代に遡る。堺市は鎌倉時代に漁港として発達し、西日本の海運の拠点として発展。戦国時代になると対明貿易や南蛮貿易などで海外との交流が増え、貿易港として黄金時代を迎えた。その貿易により有力商人をはじめとする町衆や武将の間で、茶の湯を嗜む「喫茶文化」が広がった。茶請け用の菓子作りも盛んとなり、くるみ餅もその1つとして嗜まれていた。そして堺市はわび茶を完成させたことで有名な千利休(1522-1591)の故郷でもあることから、堺市には茶の湯文化が根付いており、多くの和菓子の老舗店が軒を連ねている。そんな老舗店の1つであるくるみ餅の名店「かん袋」は古きよき文化を多くの人に発信する拠点として現在も行列が絶えない。

 くるみ餅の名店「かん袋」では通常のくるみ餅の他に、かき氷のように削った氷をのせた「氷くるみ餅」というメニューも人気だ。餡が絶妙に氷と混ざり合い、甘さが苦手な人にもお勧めしたい一品である。

 長い歴史の中で生まれたくるみ餅、堺市に立ち寄った際は堪能してみてはいかがだろうか。

tfm294_2くるみ餅

餡の中に
練られた白玉が程入っている

tfm294_3くるみ餅

枝豆餡のほかに大豆餡もある

tfm294_4くるみ餅

とある堺の店舗では
くるみ餅の他にも喫茶文化で生まれた
特色豊かな和菓子が並ぶ

2018年9月11日

[世界の生乳生産量の推移] 2018年8月

2018年8月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2018年8月 6日
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
野澤組のコンセプト 酪農支援 通販
ページの先頭へ