野澤組最新情報ブログ

[世界の生乳生産量の推移] 2018年5月

2018年5月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2018年5月 8日

[Traditional Food Mania] おやき

Traditional Food Mania

グローバル化が進む現代だからこそ、根強く愛され続けているのは地元の郷土料理。
ほっとする家庭料理、ならわしとしての食事、季節を感じる食材etc...
各国各地の文化をのぞいて下さい。

産地:長野県

おやき

長野県の郷土料理「おやき」 ¥100~

おやき

産地:
日本 長野県
材料:
小麦粉(または蕎麦粉)、水、餡
投稿:
東京食品部員

 おやきは、小麦粉・蕎麦粉を水で溶いて練り、薄く伸ばした皮で餡を包み、焼いた長野の郷土料理である。約4000年前の縄文時代には既におやきは作られていたとされ、現在では毎日の食事やおやつとして長野県の家庭でつくられている。餡の材料には野菜や山菜を用いるのが一般的で、長野県の名物でもある野沢菜漬もよく使用される。この他にも茄子、卯の花、きのこ、かぼちゃ、切り干し大根や複数の野菜をミックスしたもの、胡桃など様々な種類がある。また小豆餡を入れた甘い菓子風のおやきもあり、最近では変わり種としてカレー味やチーズ入りのピザ風おやきなど一段と多彩になってきている。

 現在おやきにはいくつかの調理方法がある。「灰焼きおやき」「焼いて蒸かすおやき」「蒸かして焼くおやき」「蒸かすおやき」「揚げるおやき」などである。長野県中心部では蒸し器や蒸篭で蒸かすのが一般的な作り方。このようにおやきが多種多様になったのは、各地域で生産される穀物の種類が違うことや、それぞれの地域の食文化、慣習が違うことなど複数の理由が挙げられる。元々は長野県西山地方で作られる「灰焼きおやき」が元祖で、農作業の合間や夜なべ仕事の傍らで、囲炉裏の灰の中に入れて焼き、食していた。囲炉裏から釜戸へ移行するのにつれて、衛生的且つ短時間で作れる「蒸かすおやき」に変化していったという過程がある。

 春と秋のお彼岸には先祖におやきを供えるという習慣やお正月や大晦日におやきを食べる習慣が今でも残っている地域もあることから、おやきは長野県において人々との生活と密接に結びつき、現在まで受け継がれている。

 長野県の多くの地域は急峻な地形や寒冷な気候から米の栽培に適さない。従って米の代わりとして「蕎麦」「小麦」が多く栽培され、長野県は「粉食文化」になった。総務省の家計調査では2014年~2016年平均の小麦粉消費量(2人世帯以上)は長野市が3919グラムで、奈良市を抑えて県庁所在都市でトップである。

 様々な味があり、手軽に楽しめる長野県のおやきをぜひ味わってみてほしい。

おやきの種類

左からりんご、茄子、切り干し大根。
生地の厚みも地区によって異なる

揚げおやき

長野市では珍しい「揚げおやき」。
鉄板で両面を焼くタイプ

地元スーパーで売られるおやき

地元のスーパーで
おやきが売られている様子

2018年5月 8日

~ファベックス2018 開催レポート~

当ブログにてご案内させて頂いておりました国内最大級の食品業務用専門展「FABEX2018」が、今年は昨年を更に上回る来場者数を記録し、大盛況のうちに幕を閉じました。
足をお運び頂きました皆様、また当社のブースにお越し下った皆様、誠にありがとうございました。

fabex2018_01.jpg

目玉商品としてご案内しておりました"パルミジャーノ・レッジャーノチップ"と"ノコルングリーン"は料理と共に展示をし、多くの方にご興味を持っていただきました。今回はパルミジャーノ・レッジャーノチップを使用したサブレをご提供致しました。「しっかりとチーズの味がして美味しい」といった嬉しいご意見を頂戴することができ、大変嬉しく思います。

fabex2018_0203.jpg
fabex2018_04.jpg

もう一つの目玉商品として、スイス産のZuger社製IQFモッツァレラチーズを様々なレシピと共にご紹介いたしました。その中でもモッツァレラを使用した「チーズぜんざい」は女性に人気があり、モッツァレラの程よい塩味と餡子の甘さがマッチして美味しいとのご意見を多数いただきました。 製菓製パンやお惣菜を取り扱うお客様以外にも、多種多様なお客様にご興味を持って頂き、色々な使用用途の可能性を感じることができました。

fabex2018_05.jpg
fabex2018_06.jpg
fabex2018_0708.jpg

そして今年の4月に入社致しました弊社の新入社員も、精一杯、ご来場の皆様に商品のご紹介をさせていただきました。

fabex2018_0910.jpg

開催終了後も、気になる商品へのお問い合わせ・ご連絡をいつでも受け付けております。
ファベックスやメルマガ等でご紹介させて頂きました商品をはじめ、チーズに関するお問い合わせご相談等ございましたら、ホームページ内のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

fabex2018_1112.jpg
2018年4月16日

FABEX2018 - 開発商品の紹介(2)

今年も、野澤組は「ファベックス2018」にて魅力的な商品を提供します。
食品部一同、皆様のご来場をお待ちしております!

FABEX2018ロゴ

FABEXの詳しい情報は http://www.fabex.jp/index.html から
開催期間:4月11日(水)~13日(金)  会場:東京ビッグサイト

野澤組のブース番号: 2J-44

当社ブースでは、期間中に様々な商品をご覧いただけます。
今回の新規開発商品を事前にご紹介します。
FABEX2018_レジャーノチップ

『 パルミジャーノ・レッジャーノチップ 』

パウダーでもなく、ダイスでもない新しい加工の登場です。
少量でも十分パルミジャーノ・レッジャーノの存在感を感じられます。
サラダなどの生食にもおすすめですが、クッキーなどの焼き菓子の
トッピングとしてもおすすめです。

会場では、パルミジャーノ・レッジャーノチップを使用したサブレの使用例をご紹介いたします
FABEX2018_サブレ

サブレのトッピングとしてパルミジャーノ・レッジャーノチップを使用致しました。
見た目の存在感はもちろんですが、噛んだときにパルミジャーノ・レッジャーノの
風味豊かな味わいをダイレクトに感じます。
トッピングでありながら、しっかりとチーズの食感も楽しめる商品です。


"パルミジャーノ・レッジャーノチップ" の「押し」はココ!

 ①少量でもパルミジャーノ・レッジャーノの味を感じられます
 ②ドレッシングやソースに加えても食感と共にしっかりとしたチーズの存在感を出すことが
  できます
 ③作業効率性アップ!トッピングにベストな粒子サイズで、ダマにならずに均等に他の食材と
  混ざり合います

自社の加工工場で皆様のニーズにお応え致します

チーズを専門にパウダー加工、シュレッド加工、スライス加工、乳化加工等をお客様の御要望に合わせた形状・量・包装に調整できる幅広い機能を完備した自社工場を設置。様々なニーズにお応えできる高水準の加工力と商品の安全性を高める衛生管理を備えております。
是非、ブースにて弊社スタッフにお気軽にご相談ください。

2018年4月10日

FABEX2018 - 開発商品の紹介(1)

今年も、野澤組は「ファベックス2018」にて魅力的な商品を提供します。
食品部一同、皆様のご来場をお待ちしております!

FABEX2018ロゴ

FABEXの詳しい情報は http://www.fabex.jp/index.html から
開催期間:4月11日(水)~13日(金)  会場:東京ビッグサイト

野澤組のブース番号: 2J-44

当社ブースでは、期間中に様々な商品をご覧いただけます。
今回の新規開発商品を事前にご紹介します。
FABEX2018_ノコルングリーン

『 ノコルングリーン・10mmダイスチーズ 』

ノコルンの2色のレパートリー(ホワイト/レッド)にグリーンが加わりました!
着色料は一切使用せず、ブロッコリーパウダーを使用しているため、
野菜本来の自然な色味が特徴です。
また、ほのかに野菜の風味を感じられます。
従来のノコルンと同様に耐熱性が高く、加熱時に溶け出さず形がしっかりと残る「チーズフード」
です。焼成パンや揚げ物等にご利用頂けます。

会場では、ノコルンを使用した焼成パンの使用例を多種ご紹介いたします
FABEX2018_パン

焼成しても色や形がしっかり残ります。
ベーコンと合わせるとピンクと緑のコントラストが目立つ、春らしいパンに仕上がります。


"ノコルングリーン 10mmダイス" の「押し」はココ!

 ①着色料無添加! 野菜本来の自然な色みで安心してご使用いただけます
 ②焼成・素揚げをしても溶け出さず、形状や色みを維持します
 ③しっかりとしたチーズの風味に加え、野菜の風味もお楽しみいただけます

コク深い、厳選のナチュラルチーズを配合しチーズフードとは思えない
チーズの旨みが凝縮されています

オランダ産の特選ゴーダチーズ、オーストラリア産のクリームチーズを使用し加熱後もしっかりチーズの風味や旨みを感じられます。

自社の加工工場で皆様のニーズにお応え致します

チーズを専門にパウダー加工、シュレッド加工、スライス加工、乳化加工等をお客様の御要望に合わせた形状・量・包装に調整できる幅広い機能を完備した自社工場を設置。様々なニーズにお応えできる高水準の加工力と商品の安全性を高める衛生管理を備えております。
是非、ブースにて弊社スタッフにお気軽にご相談ください。

2018年4月 6日

[世界の生乳生産量の推移] 2018年4月

2018年4月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2018年4月 6日

[Traditional Food Mania] 熊本ラーメン

Traditional Food Mania

グローバル化が進む現代だからこそ、根強く愛され続けているのは地元の郷土料理。
ほっとする家庭料理、ならわしとしての食事、季節を感じる食材etc...
各国各地の文化をのぞいて下さい。

産地:熊本県

熊本ラーメン

揚げニンニクをいれるのが熊本ラーメンの特徴

熊本ラーメン

産地:
日本 熊本県
材料:
太麺、豚骨スープ、揚げニンニク、木耳、もやし、煮卵
投稿:
熊本営業所 食品部員

 白い豚骨スープが特徴である熊本ラーメン。写真を見てみると、同じく豚骨スープで有名な博多ラーメンと間違えてしまう人もいるかもしれないが、熊本ラーメンには博多ラーメンとは全く異なる特徴がある。

 まず基本的には博多ラーメンよりも太い中太麺を使用すること。加水率低めのストレート麺で、やや硬めに茹で上げられるためしっかりとした小麦の味が楽しめる。スープの味が濃いことから博多ラーメンは細麺を使用するが、反対に熊本ラーメンは麺そのものの味が重要になる。

 次に豚骨スープは継ぎ足しをせず、作った日に使い切ること。そのため豚骨臭さがなく、まろやかで食べやすい味になっている。博多ラーメンは豚骨の臭み消しとして紅ショウガを入れて食べるが、豚骨臭さがない熊本ラーメンにその習慣はない。

 そして最も特徴的なのが、味付けやトッピングとして揚げニンニクを入れること。にんにくを油で揚げて焦がした黒色の「マー油」もしくは、にんにくチップを入れて食べることによって、まろやかな豚骨スープがパンチの効いた味になる。にんにく以外ではもやしや木耳、味の濃い煮卵をトッピングする。

 そんな熊本ラーメンのルーツについては諸説あるが、福岡の久留米にあった白濁の豚骨スープを生み出したラーメン屋台「三九」だと言われている。屋台「三九」は後に熊本県の玉名に出店され、その味に惚れ込んだ人たちにより広まり、その後豚骨スープに揚げニンニクを入れた熊本ラーメンの原型が生まれた。

 熊本ラーメンを食べる際に、気を付けてほしいのは博多とは異なり熊本には替え玉システムがない場合があるため、お腹いっぱい食べたい人は始めから大盛りで頼んでほしい。

卓上にあるにんにくチップ

卓上にあるにんにくチップ
お好みでトッピングできる

tfm289_3熊本ラーメン

博多ラーメンよりも太い麺
硬めに茹でられている

tfm289_4熊本ラーメン

味の濃い煮玉子が入っているのも
特徴の一つ

2018年4月 6日

[世界の生乳生産量の推移] 2018年3月

2018年3月
生乳生産情報
PDF

『大地の恵み、生乳。』

乳量変動は各地の気候、乳製品の味等の指標となります。
主要酪農国と日本の生乳生産動向を更新いたしました。
近年の動向と合わせてご参考としてください。

[PDF:360KB]

2018年3月13日

[Traditional Food Mania] ルーベンサンド

Traditional Food Mania

グローバル化が進む現代だからこそ、根強く愛され続けているのは地元の郷土料理。
ほっとする家庭料理、ならわしとしての食事、季節を感じる食材etc...
各国各地の文化をのぞいて下さい。

産地:ニューヨーク

ルーベンサンド

ニューヨークの定番メニュー「ルーベンサンド」$13

ルーベンサンド

産地:
ニューヨーク
材料:
ライ麦パン、コンビーフ(またはパストラミ)、ザワークラウト、スイスチーズ、 ロシアンドレッシング(またはサウザンドレッシング)
投稿:
ニューヨーク駐在員

 ニューヨークといえばパンケーキやホットドック、ベーグルなどのファーストフードが有名だが、定番サンドイッチであるルーベンサンドはご存知だろうか。 ルーベンサンドとはバターを塗ったライ麦パンにコンビーフ・ザワークラウト・スイスチーズ・ロシアンドレッシングを挟んだホットサンドである。 ザワークラウトとはキャベツを乳酸発酵させたドイツの漬物で、ロシアンドレッシングはマヨネーズとケチャップをベースとしたソースに ホースラディッシュや香料を加えた辛味のあるアメリカ発祥のオーロラソースのようなものである。

 ルーベンサンド誕生のルーツは2つの説がある。アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハの食糧商であるルーベン・クラコフスキーは、 1920年頃から1935年まで毎週ブラックストンホテルで友人らとポーカーを楽しんでいた。そこにホテルのオーナーであるチャールズ・シンメルが加わったことで、 グループ内で食べられていたコンビーフのサンドイッチがブラックストンホテルの昼食メニューとして提供されるようになり、人気が出たというのが1つの説である。 2つ目はアーノルド・ルーベンというニューヨークのデリカテッセン「ルーベンズ」のオーナーが1914年ごろ、有名なブロードウェイ女優がレストランを訪れた際に 料理が何も残っていなかったため、即興的に作ったとされる説である。

 ニューヨークに限らず、アメリカには様々な種類のルーベンサンドがある。モントリオールのルーベンサンドはコンビーフの代わりにスモーク肉を使用し、 ミソネタ州ではルーベンサンドにスケトウダラを挟む。同じルーベンサンドでも地方によって食べ方や挟む食材に特色が見られるため、 アメリカを訪れた際は様々なルーベンサンドを味わってみてほしい。

パストラミやザワークラウトがぎっしりつまっている

パストラミやザワークラウトが
ぎっしりつまっている

1929年創業の老舗。ニューヨークの中心部にある

1929年創業の老舗
ニューヨークの中心部にある

古いニューヨークの面影を残す店内

古いニューヨークの面影を残す店内
お昼はサンドイッチを求めて満員になる

2018年3月13日

スーパーマーケット・トレードショー2018 - 開催レポート

「スーパーマーケット・トレードショー2018」にて
今年も当社ブースにお越し頂きまして有難うございます。


2月14日(水)∼2月16日(金)の3日間、昨年同様幕張メッセにてスーパーマーケットトレードショーが開催されました。

smts2018report_01
smts2018report_02

今年は天候に恵まれ、3日間を通じて昨年度より1353人多い88121人もの方にご来場いただきました。弊社のブースにも非常に多くのお客様に訪れていただき、チーズやパスタを召し上がって頂くことができました。
今回はチーズやパスタの試食の他にも、豆腐やお麩にイタリア産のバーニャカウダソースを合わせたものを提供させて頂きました。「新しい組み合わせで面白い」「豆腐の淡白さとバーニャカウダが意外に合う」など嬉しいご感想を頂戴することができました。

smts2018report_03
smts2018report_04

そして、チーズ展示コーナーでは新商品であるAmbrosi社のBIOシリーズ、Fricoブランドロゴのリニューアル商品についてご紹介致しました。 また目玉商品としてブログでご紹介致しましたメリンダの「フルーツバー」も多くのお客様にご興味を持っていただきました。

smts2018report_05
smts2018report_06

ブースを訪れて頂いた皆様が少しでも今回の新商品にご興味頂けたら、幸いでございます。
何かご不明な点や商品の詳細などにつきましてはホームページ内のお問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

2018年2月20日
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
野澤組のコンセプト 酪農支援 通販
ページの先頭へ